サーフィンのスピードはどのくらい出るのか検証

最終更新日:2018年2月6日

サーフィンの最高速度が、どのくらいのスピードになるのか調べてみることにしました。

2011年、ゴールドコーストのスナッパーロックスで開催されたQuicksilver PRO、各選手にGPSのトラッキングデバイスを取り付け、速度が計測されていたようです。

同大会で、一番スピードのあるサーフィンをしていたのは、ミックファニング。

記録された最高速度は、39.1km/hでした。

大会の映像はこちら。

【関連記事】トロイ波と速い波について【 各特徴とテイクオフのコツ】

各サーファーごとの最高速度

当時記録されたサーフィンの速度データは、以下の通りです。

  • Mick Fanning       39.1km/h
  • Joel Parkinson     34.6km/h
  • Bede Durbidge    33.6km/h
  • Kelly Slater          32km/h

ミックファニングのサーフィンのスピードが抜き出ており、彼のようなパワーのあるサーフィンをするためには、スピードが必要不可欠ということでしょうか。

参考文献URL https://www.surfertoday.com/surfing/5126-top-surfers-check-speed-and-distance-in-a-wave

サーフィンの速度は体重に比例しない

サーフィンのスピードは体重に依存する?

念のため、各サーファーの体重を調べて見ました(体重のデータは2017年のものです)。

Mick Fanning         75kg

Joel Parkinson       80kg

Bade Durbidge      82kg

Kelly Slater            72kg

サーファーの速度は体重に比例していません。

今回参考にしたデータ、各サーファーが同条件でスピードを競い合ったわけではありませんが、興味深い結果です。

サーファー全員が、同じ条件下で最高速度を競い合うコンテストをしたら、どのような結果になるのでしょうか。

ハワイのジョーズでサーフィンすると最高速度は約65km/hに達する

巨大な波に挑戦するビックウェイブサーファー。

ハワイにある、ジョーズと呼ばれるポイントの波の速度は、約30km/h。ジョーズの巨大な斜面を滑り降りるサーフィンの速度は、推定65km/hほどまで達するそうです。

巨大な波に挑戦するサーファー。最高速度は推定65km/h

参考URL(http://www.surfline.com/community/whoknows/whoknows.cfm?id=1125

まとめ

『サーフィンと速度の関係』は非常に奥が深いです。

サーフボードにかかる揚力、浮力、サーファーの体重、サーフボードの表面積、波の速度、波の角度など、速度に関連することがサーフィンにはたくさんあります。

単純計算で、『サーフィンと速度の関係』を導き出すのは、難しそうです。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

ナミノリザンマイ限定アイテム

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細