ローカルとビジターがサーフィンを一緒に楽しむためにできるたった1つの方法

ローカルとビジターがサーフィンを一緒に楽しむためにできることは、すごく簡単です。 それは、『ローカルサーファー […]

ローカルとビジターがサーフィンを一緒に楽しむためにできることは、すごく簡単です。

それは、『ローカルサーファーがビジターサーファーに挨拶する』というものです。

ローカルサーファーがビジターサーファーに挨拶をするようになると、サーフスポット全体の雰囲気が非常に良くなります。

サーフィンの世界には、『ローカル』という言葉があります。いわゆる、サーフスポットの地元のサーファーのことです。縄張り意識が強い一部のローカルサーファーは、ビジターに対してひどい態度をとったりすることがあります。

一部のローカルサーファーは『挨拶』に対して、過敏なまでに反応します。

『お前誰だよ、挨拶ぐらいしろよ』

『ビジターのくせに挨拶もできねえのか』

『よそ者の分際で調子にのるな』

などと、ローカルであることを盾に『ビジター』のマナーを徹底攻撃するのです。このようなことを言うローカルに限って、挨拶をしても返事をしない人がとても多いです。

皆さんも一度は、挨拶をして完全に無視された経験があると思います。

ビジターサーファーが頭を下げたり挨拶をしても、基本は無視。『お前誰だよ、知らねえな』と、目で返事を返して来ます。

挨拶の返事ができないローカルに遭遇すると、ビジターサーファーはとても嫌な思いをします。そして次第に、他のサーファーに対しても挨拶をするのを辞めてしまうのです。

元々はローカルが作り上げた『挨拶しにくい雰囲気』なのに、その中でビジターが挨拶をしなければ文句を言い始める。

それでは、筋が通っていません。

普通のローカルサーファーは、ビジターに自分からも挨拶します。

それだけでサーフスポットの雰囲気が良くなるのを、知っているからです。ローカルとビジターが一緒に楽しんでいる空気感こそが、『サーフィン』です。

ローカルがビジターに挨拶するようになると、全てが変わります。

ローカルとビジターが平和にサーフィンを楽しむためのたった1つの方法

ローカルの挨拶1つでサーフィンが楽しく平和になる理由

ビジターサーファーの緊張がなくなる

挨拶は、されるのを待つものではありません。

それが、ローカルスポットだったとしても同じことです。気がついたら挨拶をする、それが本来のあるべき姿です。

ローカルはビジターに対して、積極的に挨拶をするべきです。そうすると自然と、サーフスポットがいい雰囲気になっていきます。

ローカルが挨拶をするとどうなるの?

ビジターサーファーの緊張が解けて、安心してサーフィンをすることができるようになります。ローカルサーファーの器の広さに、ビジターは感謝するようになります。

そう行った雰囲気でサーフィンをする心地よさを、ぼくたちは知っているはずです。

サーフスポットから追い出されるべきなのは、『ルールを守っているビジター』ではありません。きちんとルールを守っているサーファーなのであれば、どこでもサーフィンをする権利があります。

本来であれば、サーフスポットの雰囲気や秩序を壊す、ローカルこそ海から上がるべき存在です。

ローカルサーファーがビジターに挨拶をするべき理由

ルール無視をする人が少なくなる

挨拶をしてもらったビジターは、ローカルに対して『尊敬の念』を抱きます。そうすると自然と、サーフスポット全体の雰囲気が良くなります。

いい雰囲気のサーフスポットでは、不思議とルール違反をするサーファーが少なくなります。

どうしてルールを守れるようになるの?

その理由は、『波を譲る気持ちの余裕』が持てるようになるからです。

挨拶を無視するようなローカルがいるサーフスポットだと、そうはなりません。無視されたり、ローカルにけんか腰で来られたビジターも怒りを覚えからです。

そうなると、どちらとも『けんかをするように波を取り合う』ことになります。

ローカルの挨拶ひとつで、それを防ぐことができるのです。

ルールを無視するビジターは、ローカルサーファーが作り出している

サーフィンを純粋に楽しめる

サーフスポットの雰囲気がいいと、サーフィンを純粋に楽しむことができるようになります。自然と笑顔になれるサーフィンです。

『ふざけてサーフィンしてんじゃねえよ』と言う人も、中にはいます。

サーフィン中は笑ったらダメなの?

笑顔や和気あいあいとした雰囲気の中でも、真剣にサーフィンはできます。

眉間にしわを寄せてサーフィンをすることが『真剣』であると思っているのなら、それは大きな間違いです。

 ローカルの態度1つでサーフィンは平和になる

まとめ

サーフィンのローカルの文化や権利は、時として間違った方向へ働きます。ローカルだから偉いんだと、勘違いする人が出てくるのです。

ビジターサーファーを『よそもの扱い』し、舌打ちをしたり挨拶を無視するローカルは、海から上がって家に帰るべきです。

ルールを守ってるビジターサーファーは、臆することはありません。

強い縄張り意識があり『よそもの』を拒むローカルサーファーは、『井の中の蛙』です。

もしかしたら、そのカエルは『奪われて自分の居場所がなくなる』ことに、ただ怯えているだけなのかもしれません。

でも、海は井戸ではありません。分ければ、必ず余ります。

『よそもの』に挨拶ができる、海の男や女になりましょう。そうしたら、サーフィンはもっともっと楽しくなるはずです。

少なくとも僕は、そうだと信じています。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。