自分はどのレベル?サーフィン上達の過程【初心者から上級者までの違い】

サーフィンの練習に入る前に必要不可欠なのが、『自分のレベル』と『サーフィン上達の過程』を理解することです。 サ […]

サーフィンの練習に入る前に必要不可欠なのが、『自分のレベル』と『サーフィン上達の過程』を理解することです。

サーフィンでよく言われるのが、『他のどのスポーツよりも難しい』というものです。

それは、まぎれもない事実です。サーフィンを短期間でマスターするのは、99%不可能です。どんなに卓越した運動能力があったとしても、まともに波に乗れるようになるまで一年はかかるはずです。

そして波に乗れたところからが、本当の意味でのスタートになります。途中で投げ出さないためにも、『上達の過程』と『自分のレベル』について学んで行きましょう。

自分のサーフィンのレベルを知ろう

ここからサーフィン上達の過程について、レベル別に説明して行きます。

注意)各レベルごとの定義は、人それぞれ違いがあるものです。また日本には、レベルを定義する独自の『サーフィン検定』が存在していますが、今回の記事ではそれらは一切考慮していません。

サーフィン検定について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

【参考になる記事】あなたのサーフレベルはどのくらい?初心者でも挑戦できる!NSAのサーフィン検定でスキルを磨こう!

サーフィン上達の過程

初心者サーファーの特徴と成長過程

Level1

  • サーフボードをなんとなく選んでいる
  • サーフショップの店員に『初心者用の板を探しています』と言う
  • ホワイトウォーターで練習している
  • 割れていく波に乗れない
  • 運が良ければなんとか立てる
  • どの波を選ぶべきか理解していない
  • サーフィンのルールを理解していない
  • 波が大きいとパドルアウトができない

【初心者サーファーの動画】

Level2

  • 波になんとか乗れるがテイクオフの成功率が低い
  • 乗るべき波に対しての理解が深まる
  • 斜めにテイクオフできる
  • 割れていく波にも乗れる
  • ボトムターンがなんとなくできる
  • 波に乗る姿勢が不自然
  • 横に走れるようになる
  • トリミングターンができるようになる
  • スピードをなんとなくつけられるようになる
  • サーフボードの違いを言える
  • サーフィンのルールを理解している

 

初心者サーファーの様子

初心者サーファーの外見

中級者サーファーの特徴と成長過程

Level3

  • ほとんどのコンディションでパドルアウトが確実にできる
  • 波を選べる
  • スピードをつけられるようになる
  • 小波でのサーフィンが苦手
  • 頭以上のサイズの波でも冷静でいられる
  • 自分の目指しているサーフィンのスタイルが明確
  • 確実に横に走れる
  • 自分の描くべきラインが見えてくる
  • バックハンドの波も確実に乗れる
  • 予想外のワイプアウトをすることがある
  • ロングライドができる
  • カットバックがなんとなくできる
  • トップターンが時々うまくできる
  • いつも同じアクションをしがちになる

中級者サーファーの見た目

Level4

  • 小波でもサーフィンができる
  • カットバックができる
  • トップターンができるようになる
  • カットバックを使い分けられる
  • バレルにも入れるようになる
  • 時々チューブメイクが成功する
  • 想像通りのライン取りができる
  • バックハンドでも確実なパフォーマンスができる

中上級者のサーフィンの見た目

上級者サーファーの特徴と成長過程

Level5

  • テイクオフの成功率が極めて高い
  • 小波でもレベルの高いサーフィンができる
  • バレルの中で自分のポジションをコントロールできる
  • 自由な発想でライン取りができる
  • 様々な種類の波で確実なパフォーマンスができる

上級者は確実にサーフボードをコントロールできる 上級者のサーフィン

【上級者サーファーの動画】

 

まとめ

サーフィンは『中級者』の範囲がとても広いものです。僕自身のサーフィンレベルも、『中級者』です。

おそらく『私はサーフィンの上級者』、と語れる人はほぼいないのではないでしょうか?

誰から見ても上手いサーファーであっても、本人は決して納得していないのがサーフィンなのだと思います。

サーフィンは、『終わりのない探求』と言えるのかもしれません。だからこそサーフィンはこんなにもたくさんの人を、夢中にさせるのではないでしょうか?

また、どのレベルであったとしても、それが各サーファーの実力を決定づけるものでは決してありません。

その理由は、スプレーを飛ばすトップターンが完璧にできなくても、スタイルがある格好いいサーファーがたくさんいるからです。

プロを目指す人以外にとっては、サーフィンはスタイルがあるかどうかが重要になります。

どんなにスプレーを飛ばしても、『ふんふん前足でかちゃかちゃしているサーファー』には誰も見向きはしないものなのです。

皆さんはどんなサーファーを目指しているのでしょうか?そしてそのゴールまで、あとどれくらいなのでしょうか?

ゴールに到着してもきっと新たな目標が出てくるとは思いますが、それまでの道のりを思う存分楽しんで行きましょう。僕自身もその日のために、できる限り海に通い続けます。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。