ロングボードとショートボードを徹底比較【難しいのはどっち?】

今回の記事では、ショートボードとロングボードのそれぞれの特徴と『難しさ』を徹底的に比較します。 結論から言えば […]

今回の記事では、ショートボードとロングボードのそれぞれの特徴と『難しさ』を徹底的に比較します。

結論から言えばどちらをとっても難しいのですが、それぞれに『違った難しさ』が存在しています。

ショートボードしか経験がないサーファーの中には、『ロングボードは簡単』という固定概念を持っている人がいます。

やってみればわかりますが、 ロングボードの方が難易度が高い点もたくさんあります。

その逆も、然りです。

それぞれの難しさを理解して、なにかの役にたつの?

ショートボードとロングボードの特徴をしっかりと理解すれば、自分に適したサーフボードを選ぶことができます。

それではここから、ロングボードとショートボードそれぞれの『難しさ』について考えていきたいと思います。

ロングボードの方が難しい?

ロングボードがショートボードと比べて難しい点

まず最初に、ロングボードがショートボードよりも難しい点を挙げていきます。

ほれた波でのテイクオフが難しい

波が掘れてくると、ロングボードでのテイクオフの難易度があがります。

板を斜めにしたり、重心を上手にコントロールする技術がなければ、テイクオフ中にロングボード先端がすぐに水中に刺さってしまいます。

ショートボードだとどうなの?

掘れた波でのテイクオフが比較して簡単なのは、ショートボードです。ロッカーがあるショートボードであれば、さらにノーズが刺さる心配がなくなります。

※波が掘れるとは 波の斜面に角度があり、先端部が巻いている状態のこと

ショートボードは急な波でのテイクオフが簡単

板を加速させる動作が難しい

速い波になってくると、ショートボードでのサーフィンの方がロングと比較して簡単だと言えます。

アップスンの動作(板を加速させる動きのこと)が素早くできるショートボードであれば、ロングボードが捕まってしまうセクションも、すり抜けることができます。

どうして、ショートボードの方が有利なの?

掘れた波に対してもレールが入れやすいショートボードは、『速い波』で有利なサーフィンが可能になのです。

ロングボードは加速させる動作が難しい

力のある速い波でレールを入れるのが難しい

速い波では、ロングボードはハイラインを維持してスピードを出す必要があります。

ただし、レールの形状がソフトレール(ロングボードで採用されることが多いレール形状)の場合、ハイラインでレールを入れ続けるのは難易度が高いことです。

どうしてそうなるの?

掘れた速い波であるほど、面が張ってきます。レールの面積が必然的に多いロングボードは、『波の力に対して跳ね返りやすい』のです。

ロングボードを扱っているサーファーに技術がないと、ずりずりとボトム方向に押しだされ、波に捕まってしまうことでしょう。

力のある波では高い技術が要求されるのがロングボード

サイズのある波でのサーフィンが難しい

ロングボードの難しさは、サイズが上がって速い波であればあるほど顕著になります。

ただし、サイズがある波であっても、ロングボードでサーフィンはできます。

この目で見ないと信用できない・・・

こちらの記事内の動画で、掘れた力のある波でのロングボードサーフィンを見ることができます。

【参考になる記事】Longboard crew takes over the surf Ranch

この動画から何を学べる?

この記事内の動画からもわかるように、掘れたサイズのある波に対してはテールに向けて絞った形状の、ピンテールのロングボードを使用しているのがわかります。

また、ロッカー(サーフボードの反り具合)が通常のロングよりもあるのも、動画内から見て取れます。

このように、『乗る波に適した板』を選ぶことができれば、ロングボードでも様々な波でサーフィンが可能なのです。

波のサイズがあると難易度が高いのがロングボード

ターンがショートボードと比較して難しい

ロングボードのターンは、『独自の技術』が必要になります。

どうして?

ショートボードのようにターンをしても、体だけが先行してしまうからです。『サーフボードが動き出すのを待つこと』も、ロングボードに必要な技術だと言えます。

ロングボードのターンは独自の技術が必要で難しい

バレル内でのボードコントロールが難しい

ロングボードでバレル(チューブ)を抜けるのは、非常に高い技術が要求されることです。

特にテールの幅があるロングボードは、チューブ内でのコントロールに適した形状ではありません。

なにか方法はないの?

ただし、ロングボードでもレールを薄くしたりテールの形状を工夫することで、チューブを抜けることができます。

こちらの動画ではロングボードでもバレルに入り、きっちりメイクしているのがわかります。

 

動画内で使用されているロングボードのテール形状は、ラウンドピンテールです(2:20秒あたりで写り込んでいます)。

ロングボードでもバレルライドは可能

波のサイズがある際のパドルアウトが難しい

ダックダイブが難しいロングボードは、波のサイズのある日のパドルアウトがきつくなります。

特にどんなサーフスポットでそうなる?

それが特に顕著になるのが、ビーチブレイクです。

波のサイズが大きい時のビーチブレイクでは、高い技術と絶対的な体力がなければ、アウトに出るのは困難でしょう。

波のサイズがある時のパドルアウトはショートボードの方が簡単

ショートボードがロングボードと比べて難しい点

うねりからのテイクオフが難しい

ショートボードで難しいのが、『うねりからのテイクオフ』です。

ロングボードでサーフィンができていても、ショートボードではテイクオフすらままならない波の種類は多いです。

簡単に説明すると?

ある一定の波の角度がつくまでは、ショートボードでのテイクオフは難易度が上がります。

備考)ノーズ側に浮力があるサーフボードであれば、通常よりも『うねりで粘れる』ため、テイクオフができる確率はあがります。

※うねりとは=波に角度がつく前の状態のこと

ロングボードであればうねりからのテイクオフも簡単

小波でのテイクオフが難しい

ショートボードでは、『小波でのテイクオフの難易度』が高くなります。

力のない波では、『浮力が少ないショートボード』に十分な揚力を発生させることができません。

どうやったら解決できる?

そうなると絶対に必要なのが、『ショートボーダーの技術』です。

小波でのテイクオフに必要なのは、『正しいポジショニング』です。それと同時に、『行きたい場所に素早く移動できるパドル力』も必要になってきます。

適切なポジショニングと十分なパドル力がなければ、特に難しいのがショートボードでのテイクオフなのです。

小波でのサーフィンはロングボードが簡単

小波でスピードを維持するのが難しい

ショートボードで、小波でスピードを維持するには『高い技術』が必要です。

スピードを出せないとどうなる?

小波で運良くテイクオフできたとしても、サーファーに技術がなければすぐに失速してしまい、ワイプアウトすることになります。

その反面、波のサイズが上がるにつれて、『ショートボードは水を得た魚』のように躍動します。

ショートボードとロングボードを徹底比較

まとめ

ショートボードとロングボードには、それぞれの『難しい部分』と『簡単な部分』が存在しています。

そもそも、『簡単そうに見えること』も極めようとすれば、必然的に難しくなります。

例えを挙げるとすれば、『テイクオフした瞬間の足の位置』です。ロングボードでは小波でのテイクオフは簡単ですが、厳密に言えばとても難しいのです。

ノーズに行くまでの歩幅を考えたりすればするほど、『どの場所に立つようにテイクオフするか』が重要になってきます。

ショートボードでも同じです。掘れた波でのテイクオフはロングボードと比較すると簡単ですが、難しいことに変わりはありません。

なにかを極めることは、『簡単なものほど難しくなる』とも言えるのです。

例を挙げるとすれば、『道端に落ちているゴミを拾う動き』です。無意識で行える動作であればあるほど、『所作』がないがしろにされます。

ゴミを拾うことはできますが、『美しく拾うこと』を極めようとすると、そう簡単ではありません。

それを実現するためには、『美しく拾う』という強い意思が必要不可欠なのです。

その点は、サーフィンでも同じことが言えるのではないでしょうか?

  • 『当たり前にできる動作』を『しっかりと意識して美しく行う』こと

それは簡単なようで、とても難しいことなのです。

 

スポーツトレーニングの基本についてはこちらの本がオススメ




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。