パタゴニア

海外サーフトリップに英語力が必要不可欠な理由

海外へのサーフトリップに、『英語力』は必要不可欠です。

海外に出てみたら初めてわかることですが、多くの外国人は英語を話すことができます。発音や文法ばかり気にしている日本人との差は、とても大きいのです。

自信を持って自分の意志を伝えられることも、海外サーフトリップに欠かせない能力の一つです。

どうして?

英語力があれば、海外サーフトリップが100倍楽しくなるからです。

旅先でわからないことがあったときも、英語力があれば自分自身で解決できます。日本人以外のサーフィン仲間を作ることもできます。

トラブルのたびに英語を話せる日本人を探す必要がなくなり、サーフトリップ先で右往左往せずに済むでしょう。

他には?

言葉の壁がなくなると、心に余裕ができます。心に余裕があれば、海外で視野を広げられるようになります。

素晴らしい波は世界中にあり、『英語力』がそれを見つける手助けをしてくれるのです。

新しいことに挑戦したいなら英語力が絶対必要

日本人の英語力はどれくらい?

日本人の英語能力は100ヵ国中55位と言われ、他国と比べても決して良い順位ではありません。他の国よりも長い期間勉強しているのに、『英語能力が低い』のが日本人なのです。

参照:世界最大の英語能力指数ランキング

経験談を教えて

何を隠そう自分自身も、『英語力がない人』そのものでした。

2012年にニュージーランド移住、海外で暮らし始めてようやく『英語力の必要性』を痛感したのです。

  • なんとかなるだろう
  • 身振りそぶりでも意思は伝えられる
  • 勉強しなくても海外にいれば英語力は身につく

日々の暮らしの中で、甘い考えだった『根拠のない自信』は粉々に打ち砕かれました。

言葉の壁があるとどうなる?

海外で『言葉の壁』があるのは、『不自由そのもの』です。そして、自分自身で『言葉の壁』を壊さない限り、行動範囲が広くなることもありません。

世界中の波を見に行きたいのなら、『英語力』を身につけるのが一番です。

言葉の壁がなくなれば、『可能性』は無限大に広がっていくのです。

英語が喋れれば海外サーフトリップの可能性が広がる

サーフトリップに英語力が必要不可欠な理由

英語力があれば、海外サーフトリップの可能性は広がり、『安心』と『問題を解決する力』を得られます。

カタコト英語でなんとかやっていくことはできますが、意思を伝えられないもどかしさを経験したことがある人も多いはずです。

  • 降り立った空港で右往左往している時
  • トゥクトゥクのドライバーにサーフポイントを教えてもらいたい時
  • 旅先で出会った人とコミニケーションをとりたい時
  • サーフィン中に怪我をして病院に行かなければいけない時

英語力があれば、海外で起きた問題を自分で解決するチャンスが増えます。

右往左往したくない・・・

サーフトリップの安心と楽しさ』を自分のものにしたいのなら、英語力を身につけるのが一番です。

英語圏じゃないサーフトリップでも英会話力は必須

英語圏じゃない旅先でも、しゃべれる言語の選択肢があるのはとても良いことです。

どうして英語なの?

どの国に旅行に行ったって、日本語を話せる外国人を探すよりも、英語が堪能な人を見つける方がよっぽど簡単だからです。ヨーロッパでもインドネシアでも、英語が日本語よりも通じるのは間違いありません。

海外サーフトリップを思う存分楽しむために、英語の勉強を始めてみてください。旅先で後悔するのは、もうやめにしましょう。

何をどう始めたらいいのか・・・

一番大切なのは、『自分自身を英語環境に置くこと』です。

ニュージーランド留学で、英語の勉強をしながら放課後サーフィンを楽しむのもおすすめです。

『波乗りに明け暮れながら英語力を身につけ、気がついたらたくさんのサーフィン仲間ができていた』

それが実現できたら、最高に素敵なことだと思いませんか?

英語力があればサーフトリップが更に充実する

もちろん、英語が喋れなくたってサーフトリップは楽しめます。身振りそぶりで、なんとか意思を伝えることもできるでしょう。

それでも確かなのは、『英語がもっと喋れたらなあ』と感じる場面に何度も出くわすということです。

喋れたらどうなる?

言葉の壁がなくなれば、サーフィン仲間がもっと増えます。誰もしらないシークレットスポットも見つけることができるかもしれません。

サーフトリップの可能性をさらに広げてくれるのが、『英語力』なのです。

海外サーフトリップを楽しむためにも英語力をつけよう

まずは自分の英語力を知ろう

自分の英語力がどのレベルかわかれば、目標を定めてくれる道標になります。

もちろん英語は、コミニケーションを取るための一つの道具でしかありません。言葉の壁を取り除いても、スタートラインにようやく立てただけです。

それでも、一歩を踏み出してスタートラインに立つことが、なによりも大切なのです。

パタゴニア
パタゴニア