パタゴニア

パワーゾーンを理解してレールを使ったサーフィン習得

今回の記事は、『波のパワーゾーン』について解説していきます。

以下のような問題を抱えている方は、波のパワーゾーンをうまく利用できていない可能性があります。

  • つい横に走りすぎて最後には失速してしまう
  • トップターンがうまくできない
  • 波に置いていかれる
  • そもそも全然上達しない
  • ターンしようとしたら転んでしまう

この問題全てに共通するのは、『レールを入れられる状況を作り出していないこと』です。レールを入れられる状況にないということは、どんな動作にもつなげられないということになります。

それがパワーゾーンと関係あるの?

パワーゾーンを意識すると、『レールを入れられる状態(サーフボードを傾けられる)』が自然と作れるようになります。

横に走っている時も、技をしようとしているときも、常に『パワーゾーンを意識』する必要があるのがサーフィンなのです。

どうして?

パワーゾーンを意識しないと、以下のような問題が発生してしまうからです。

  • スピードがつかずに失速してしまう
  • 波から得られる推進力がなくなってしまう

このような状態になると、レールを入れることはほぼ不可能です。無理やりサーフボードを傾けても、間違いなく転んでしまうことでしょう。

カットバックで転ぶのも、同じ原因からです。

このように、『パワーゾーン』と『レールを入れる動作』は、密接な関係にあるのです。

そもそもレールを入れられる状態ってどういうこと?

サーフィンの技、それに関わる全ての動作には、『レールが入っている状態(サーフボードを傾けている状態)』が存在しています。

だからこそ、『レールを入れられる状況』を作り出すのがとにかく重要なのです。

何か技をしようとして失敗するのは、『レールを入れられる状況』を作り出せていないからです。

パワーゾーンをよく理解しているサーファーは、『レールを使ったサーフィン』をすることができます。

次項から詳しく説明していきます。

レールを入れられる状況はパワーゾーンから作り出す

パワーゾーンとは【全ての技につながる基本】

パワーゾーンとは、波の中でもっとも力があるところです。波のポケットとも、呼ばれています。

波に力があるということは、『推進力を得られる』ということになります。

どうして推進力を得られるの?

パワーゾーンとサーフボードの位置関係は『スピードと推進力(前に進む力)』に直結しているからです。

推進力があると、レールを入れることができるようになります。

わかりやすく説明して?

自転車で例えると、パワーゾーンは『下り坂』です。

坂道を下り、スピードがついている自転車に乗っているところを、イメージしてみてください。

この状態であれば、ハンドルを切らなくても自転車を少し傾けるだけで、曲がっていけます。

これがサーフィンで言う、『レールが入っている状態』です。

自転車の動きからサーフィンを学ぼう

レールが入れられない状況は?

今度は、停止している自転車にまたがっているのを想像してみてください。

この状態で同じように体を傾けると、そのまま転んでしまうはずです。その理由は簡単で、自転車が『推進力がゼロの状態』だからです。

サーフィンでも同じように、推進力がなければ、レールを入れても転ぶだけです。

ここでいう坂道こそが、『サーフィンのパワーゾーン(ポケット)』になります。

推進力を得ることができるのが、『パワーゾーン』なのです。

波のパワーゾーンを利用しないで何かをしようとするのは、自転車が止まっている状態で体を傾けているのと、とてもよく似ています。

だからこそ、サーフィンで一番大事なのは、パワーゾーンを意識することなのです。

パワーゾーンを見つける方法【推進力を得る】

最初に試して欲しいのが、『何もしないで待つ』ということです。進行方向が決まったら、横に走ろうとせずにそのまま待ってみてください(バレルを狙う感覚と似ています)。

アップスンもしないでください。

特に、横に走りすぎるサーファーに試して欲しいことです(自分自身もそうです)。

波を待つ技術を習得【パワーゾーンを使うサーフィン】

待つとどうなるの?

そうすると、自然とボードの推進力が上がる瞬間があります。その場所こそが、波のパワーゾーンです。

そのままにしておくと、波に置いていかれることがあります。

どうして波に置いていかれる?

波に置いていかれる理由は、『波のパワーゾーンが自分の前方に移動』したからです。

テイクオフをした時に後ろにあったパワーゾーンは、常に移動しています(波が割れていくのと同時に)。

パワーゾーンの場所が、イメージできたのではないでしょうか?

パワーゾーンにリズムを合わせてみよう

次に、『パワーゾーンのリズム』と、サーフボード(自分のポジション)を合わせていきます。

  • 置いていかれそうになったら、アップスンで少しだけ前に出る
  • パワーゾーンから離れたら、カットバック・トリミングで戻る(あるいは待つ)

当然、走り過ぎてしまうとパワーゾーンから離れてしまいます。

だからカットバックの練習をしてるんだけど・・・

離れすぎた状態でカットバックをしようとしても、推進力が足りずにそのまま転びます。パワーゾーンを忘れて横に走ることに必死になっていると、『手遅れ』の状態になってしまうからです。

とにかく大事なのは、『波のパワーゾーンに先を越されず、自分も前に出過ぎないこと』です。

結局何が言いたいの?

サーフィンは、波とするダンスです。それは決してソロダンスではなく、『波のパワーゾーン』という相方がいて、初めて成り立つものなのです。

自分勝手に何か技を繰り出そうとしても、『パワーゾーンの存在』がなければ何もできません。

パワーゾーンにポジションをキープし続ける方法【サーフィンで一番大切な技・技術とは】

  1. 技という発想は、一度隅っこに置いておく
  2. 波に乗ったら、パワーゾーンを意識する(探す)
  3. 波を待つ
  4. 極端にレールを入れずポジションをキープする
  5. 遅れたら追いつく(アップスンで)
  6. 結果的に『波のポケットに戻る技術』が習得できる

サーフィンの技について考える前に、一番重要な基本技術が一つあります。

それは、『波のパワーゾーン(一番力がある場所)に自分のポジションをキープする技術』です。

例えばどんな技?

波のパワーゾーンに戻る動きである、カットバックもそのひとつです。

大きな円を描いてUターンするのは、パワーゾーンに戻るためです。パワーゾーンという存在があるから、カットバックをする必要があるのです。

これを忘れてはいけません。

もしも、波が勝手にサーファーにタイミングを合わせて進んでくれるのだとしたら、カットバックなど存在してないはずなのです。

カットバックをする理由を一切考えずに、『技』として捉えてしまうと、いろいろな弊害が出てきます。

フローターもそうです。フローターという技があるからするのではなくて、目の前にフローターをしなきゃいけない波があるからしているだけなはずです。

技はパワーゾーンを理解して初めて実践できる

目の前にある状況に反応しているだけ?

車の運転をしていて、目の前にカーブがあるから、ハンドルを切る。

これは、サーフィンにも必要な考え方です。

もしもドライバーが、『ハンドルを切る技』と考えていたらどうなるでしょうか?コーナーという概念を知らずに、ハンドルを切る技を習得しようとしていたとしたら。

その人は、直線の坂道でひたすらハンドルを回す練習をしています。それがおかしなことだということは、簡単に想像できると思います。

サーフィンでも同じです。

パワーゾーンを知らないのに、技をしようとしていたら。

あなたが今、サーフィンの技をうまく習得できないのは、きっとそんなふうに考えているからなのです。

どんなことにも、順序があります。

コーナーがあるから、ハンドルを切る。

パワーゾーンがあるから、カットバックをする。

その『原理原則と順序』を、忘れないようにしましょう。

パワーゾーンを理解して初めて技を学べる

まとめ

パワーゾーンを中心にして自分のサーフィンを考えることができれば、みるみるサーフィンが上達します。

サイズの小さい波であるほど、パワーゾーンが小さくなる傾向にあるので、サイズのあるいい波で試してみましょう。

ただ波に合わせること。

波を待つ余裕を持つ。

そうすればきっと、今まで越えられなかった上達の壁を、乗り越えることができるはずです。

パタゴニア
パタゴニア