深く大きなターンを習得するためにできる3つのこと【スピードを保つ秘訣】

深く大きなターンに絶対に必要なのは、『スピード』です。これは間違いのないことです。 減速しないサーフィンができ […]

深く大きなターンに絶対に必要なのは、『スピード』です。これは間違いのないことです。

減速しないサーフィンができる人は、自然と大きくダイナミックなターンになります。スピードが上がるのに比例して、ターンも深く大きくなり、体をどんどん倒せるようになるのです。

スピードが付いていないのにレールを入れてターンをしようとしたら、ほぼ間違いなく転んでしまいます。その理由は単純で、スピードが遅すぎるからです。

わかりやすく説明すると?

スノーボードにおけるターンの習得が、サーフィンよりも早い理由はここにあります。スノーボードは、傾斜を滑れば自然とターンに必要なスピードが出るので、『ターンのやり方』だけに集中できるのです。

サーフィンの場合、スピードが出ていない状況で『ターンの正しいやり方』を実践しても、結果は期待できません。

『レールをしっかりと入れたターン』を実践するためには、スピードがあることが大前提だからです。

レールを入れたターンにはスピードが絶対に必要

ラインどりに高低差をつける

スピードをつける上で大事なのは、ラインどりに高低差をつけることです。

なんのために?

描くラインに高低差があれば、自然とサーフィンは大きくなっていくはずです。

サイズが上がってもハイラインをひた走るだけではなく、ボトムまで降り切ってしまうことも、時には必要です。

ボトムに降りきることでスピードが出る

無難さを捨てる

自分自身がそうなのですが波のサイズが上がると特に、横に急ぐクセがあります。

  • 横にある程度走ったら無難なカットバックを行い、また横に走る

というローテーションの繰り返しで、サーフィン自体が『大きくない』のです。

それじゃあだめなの?

自分自身のような大きさのないサーフィンを繰り返すと、スピードもついていきません。こうなってしまう大きな原因の一つは、無難に波を乗り切ろうとするからです。

中途半端なカットバックでは、『スピード』がつきません。

  • 単純にショルダーまでなんとなくカットバックで戻り、ワンテンポ遅れて、ふたたび横に走り出す。

こうなるとスピード感のない『待機型サーフィン』になってしまうのです。

どうすればいいの?

それを防ぐためには、『果敢に攻めること』を心がける必要があります。当たり障りなく乗り繋げるだけではなく、『失敗してワイプアウトしてもいい心構え』でいることも重要なのです。

深く大きなターンを習得するためにできる3つのこと【スピードを保つ秘訣】

ホワイトウォーターまで当て切る【リエントリーを確実に行う】

サーフィンが本当に上手い人は、『波の面』をすべて有効活用しています。

簡単に説明すると?

波に乗っている間の、『波を待つ時間』が少なく、自らをパワーゾーンまで的確にポジショニングしていきます。

だからこそスピードがつき、大きく深いターンが可能になるのです。

  • なんとなくカットバックをして、なんとなく横に走る

そうすると負の連鎖が始まり、次に繰り出すべきターンまでも小さくなってしまいます。

そうならないようにするためには、しっかりと波のパワーゾーンまで戻り切る必要があります。

しっかり撮りエントリーを行うことでスピードを維持できる

リエントリーが重要ってこと?

リエントリーがうまく言った時に得られるスピードは、中途半端なカットバックで得られるものとは明らかに違います。

リエントリーを綺麗にできたカットバックの場合、『加速するスピード』を得られるのです。

【リエントリーに関してとても勉強になる記事はこちら】リエントリーのやりかた

まとめ

『すべてが大きく深いサーフィン』を習得するためにはどうしたらいいのか、今回はそんなことについて、詳しく考えてみました。

僕自身もまだまだ研究中の身で、必ずしも書いたことがいつもできているわけではありません。

ただ、『書く』というアウトプットを続けることにより、着実に上達しているのを実感しています。

自分のやりたいサーフィンを達成するために大事なのは、何度も『実践』してみることです。

学んだら、試してみる

それを繰り返すことで、必ず上達の階段を上っていけるはずです。それまでは、海に何度も通い続けましょう。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。