コスパが最高で格好いいウェットスーツブランド『Need Essencials』の紹介

今回の記事は、『NeedEssencials』というオーストラリアのウェットスーツブランドについてです。 彼ら […]

今回の記事は、『NeedEssencials』というオーストラリアのウェットスーツブランドについてです。

彼らのブランドコンセプトがとても格好良くて共感できるので、記事にしました。

『Need essencials』の大きな特徴は、ブランドロゴが目の見える場所に一切ないというところです。真っ黒にデザインされたそのウェットスーツは、非常にシンプルでとても印象的です。

『Need Essentials』の作り出す商品は、『ブランド』を売り出さないというコンセプトを持っています。

どうしてそんなコンセプトになったの?

通常のブランドもののウェットスーツの場合、多額のマーケティング費用や広告費を使用しています。その分の費用が上乗せされて価格設定されるため、どうしても本来の価格よりも高くなってしまうのです。

それらの問題を解決したのが、『Need Essencials』です。

ブランド名のためのマーケティングや広告にかかる費用を最低限に抑え、品質は最高級、価格が非常に安いウェットスーツを実現しています。

僕が購入したのはフロントジップタイプのタッパですが、本当に品質がいいです。

非常に品質の高いマテリアルが使用されている

一部のブランドのウェットスーツは、非常に派手です。ブランドロゴをアピールする必要があるので当然とも言えるのですが、そんなウェットスーツのデザインが好きになれない人も多いはずです。特に、日本で購入できる安値のウェットスーツは、不可解なデザインのロゴが多くあります。

Need Essencials は、とにかく『シンプルなデザインのウェットスーツ』を探している人にも強くオススメできます。

機能性はどうなの?

こちらの動画は、『Need Essentials』のウェットスーツを着たトレン・マーティンのサーフィン動画です。シンプルなデザインのウェットスーツは、サーファーの存在を一層引き立たせます。

ウェットスーツが十分な機能性を持っていることは、この動画をみればすぐにわかるはずです。

 

コスパが最高のウェットスーツは『Need Essentials』の一択

Need Essentialsのウェットスーツは『価格も安く品質もいい』と断言できます。

どのくらい安いの?

価格例を出すと、3mm2mmのセミドライが220オーストラリアドルです。日本円にすると、17,000円ほどで購入できてしまうのです(2018年9月現在)。

それでいて品質は、トップブランドのものと遜色がありません。参考までに、商品の写真をご覧ください。

need essentials のウェットスーツ詳細

品質に妥協がない『Need Essentials』のウェットスーツ

『NeedEssencials 』のウェットスーツ価格表

それぞれのウェットスーツ価格はこちらの表を参考にしてください(日本円は、2018年9月の為替で計算しています)。

種類 価格
5/4 フル 260AUD・約20800円
4/3 フル 240AUD・約19200円
3/2 フル 220AUD・約17600円
スプリング 120AUD・約9600円
タッパ 100AUD・約8000円

 

『NeedEssencials 』のウェットスーツ、クオリティは?

細部までとてもこだわりが感じられ、非常にしっかりとした作りです。

チャックなどの細部も『安物感』は、まったくありません。

細部まで妥協がない商品作り

裏地のクオリティは?

ウェットスーツ縫い目も全て、裏シールで強化されています。裏起毛付きのウェットスーツも非常に安い値段で買うことがでいます。

品質には一切妥協がないのに低価格

ブランド名が入ってるのは、ウェットスーツの内側のみです。それ自体も小さく、非常にカッコいいデザインです。

ブランド名はウェットスーツの裏側のみに記載

購入の問題点と注意点

『Need Essencials 』は店頭での取り扱いがありません。それも価格を抑えるための戦略なのですが、欲しい場合は公式サイトより直接購入する必要があります。

輸送はEMSで行われ、送料は重量によって変わっていきます。状況によっては関税がかかる場合もあるため、注意が必要です。

【公式サイトはこちら】needESSENTIALS

『Need Essentials』の不満点

品質も価格も一切問題なく最高に満足しているのですが、ひとつだけ不満がありました。

それは、送られてきた時点で商品に強い『折り目』がついていたことです。ゴムであるウェットスーツに折り目がついてしまうのは、あまり良いことではありません。

どうしてそんなことが起きたの?

商品をたたみ袋に梱包した状態で保管していたため、このようなことが起きてしまったのだと思います。

たまたま運が悪かっただけかもしれませんが、唯一気になったのがその点です。

まとめ

『Need essentials 』で購入したのは初めてでしたが、いい買い物ができたというのが一番の感想です。

これからウェットスーツを新調するときは、『Need Essentials』の一択です。

個人的に『真っ黒』が大好きなので、デザインもとても気に入っています。派手好きな人には、少し物足りないデザインなのかもしれません。

安くて品質のいいウェットスーツを探している人は、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてください。

Need Essentials 公式ホームページ

他にオススメのウェットスーツメーカーはないの?

他者メーカーで一番おすすめなのは、パタゴニアのウェットスーツです。価格は高いですが環境に配慮された天然ラバーがメインで作られています。品質や機能性も、年を重ねるごとに改良されています。

気になる方はチェックしてみてください。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。