自転車用サーフボードキャリア自作方法【簡単にできるやり方】

今回の記事は、自転車用サーフボードキャリアの作り方です。 自転車用サーフボードキャリアは購入することもできます […]

今回の記事は、自転車用サーフボードキャリアの作り方です。

自転車用サーフボードキャリアは購入することもできますが、値段は以下のように決して安くありません。

今回の記事を読めば、簡単に自転車用のサーフボードキャリアが作れます。時間さえあれば、市販されている値段の半分以下で作ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

作成にあたり、参考にする動画はこちらになります。内容は英語ですが、翻訳して解説していきます。一連の流れを、まずは動画を見て確認してください。

【参考元動画】

必要な材料

  • 塩ビ管
  • つなぎ手L字菅×6
  • つなぎ手T字菅×4
  • 配管用保温材(あるいは代用品)
  • ゴムバンド(バンジーコード)
  • ホースクランプ×4

全ての材料はアマゾンやホームセンターで揃えることができます。参考までにリンクを貼って起きます。

配管のサイズに関しては、こちらの記事が参考になります。

【参考になる記事】塩ビ管(塩ビパイプ)とは?用途,サイズ,規格,継手,種類を解説!

必要な道具

  • ノコギリ
  • カッター
  • キリ
  • 接着剤

作り方の手順

自転車のフレームの直径を測る

まず最初に、自転車のフレーム直径を計りましょう。サイズがわかったら、適したサイズの塩ビ管を入手してください。

フレームの直径より、わずかに大きい塩ビ管を選ぶようにしましょう。

自転車用サーフボードキャリアの作り方

T字管をフレームのサイズに合うように切る

フレームにはめ込むためにのT字管を、サイズを調整しながら切ります。しっかりと固定できるよう、サイズの誤差が出ないように気をつけましょう。

サーフボード用キャリア作り方手順1

ホースクランプでT字管を自転車フレームに固定する

管の部分を切った繋ぎ手T字管を、下の写真のように自転車フレームに取り付けます。振動でずり落ちてこないように、適正のサイズを使用してください。

一番荷重がかかる重要なポイントなので、しっかりと締め込んでください。

サーフボード用キャリア作り方手順2

ペダルとの距離を測定し、塩ビ管(直線)を切る

T字管に取り付ける『直線部分』の塩ビ管を製作します。ペダルと接触しないように、十分な距離を保つようにしてください。

サーフボードキャリア取り付けのために寸法を計測する

長さを測って切断した塩ビ管をT字管に取り付ける

接着剤を使って、塩ビ管を取り付けていきます。

接着剤を使用して配管を固定していく

L字管を取り付ける

続いてL字管を使用して、下方向に向かって角度をつけていきます。

サーフボード取り付けのための角度をつける

安定性を増すために、両サイドを別の塩ビ管で固定します。

塩ビ管同士の距離を測定する

外れないようしっかりと固定する

『コ』の字になるよう配管する

サーフボードを入れるための、スペースを作っていきます。幅を持たせすぎると不安定になるので、気をつけてください。

車幅が60センチメートル以下になるようにする

サーフボードを保護するための緩衝材を取り付ける

サーフボードを固定するスペースを、緩衝材で保護していきます。ここでは配管用の保温材を使用していますが、他の材料で代用も可能です。

サーフボード保護用のクッションをとりつける

固定用のゴムバンドを取り付ける

サーフボードを固定するための、ゴムバンド用の穴を開けます。フックが付いているゴムは、バンジーコードと言います。

サーフボード固定用のゴムバンドをつける

出来上がり

これで、自転車用サーフボードキャリアの完成です。

自転車用サーフボードキャリアの完成

注意点

突風で転倒する可能性

風が強い場合は、サーフボードキャリアの使用は控えてください。

風が吹いた時に煽られて、車道にはみ出る可能性も十分に考えられます。サーフボードが大きくなればなるほど、横風の影響を受けるので最新の注意を払って運転してください。

安全面を配慮し、速いスピードでの運転は避けるようにしましょう。

自転車改造に関する法律について

自転車改造に関して、日本では法律があります。サーフボードキャリア作成にあたり、特に気をつけたいのがこちらの法律です。

自転車の幅が60cmを超えないこと(第9条の2第1項)

 

サーフボードキャリアを作成する際は、車幅が60cm以内になるようにしてください。

まとめ

海が近ければ、自転車でサーフィンに行った方が効率がいい場合もあります。そうすれば駐車場を探す時間も短縮できますし、ガソリン代を節約することもできます。

毎日続けていれば、足腰のトレーニングにもなることでしょう。脚力がつけば、必ずサーフィンに活かせるはずです。

一石二鳥の自転車サーフィンライフ、くれぐれも安全第一で楽しんでください。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。