【ヒモの付け方】サーフボード・プラグとリーシュの正しいつなぎ方

リューシュプラグにヒモをつけることで、リューシュとサーフボードをつなぐことができます。 リーシュがどんなに頑丈 […]

リューシュプラグにヒモをつけることで、リューシュとサーフボードをつなぐことができます。

リーシュがどんなに頑丈でも、『ヒモ』が切れてしまっては意味がありません。また、ヒモの取り付け方を間違えると、サーフボードのテールが傷ついてしまう可能性もあります。

ヒモをリーシュプラグに正しく結ぶためには、どうしたらいいのでしょうか。

今回の記事は、『ヒモを利用したリーシュとサーフボードのつなぎ方』です。

ヒモの正しい付け方

1、ヒモの状態を確認する

まず最初に、ヒモの状態を確認しましょう。切れ目やほつれを発見したらすぐに交換してください。

どうして交換したほうがいいの?

ほつれていると、サーフィン中にひもが切れてしまう可能性があります。セッション中にヒモが切れると非常に危険です。

面倒でも、毎回ヒモの状態を確認するようにしましょう。

リーシュとつける前にヒモの状態を確認する

2、ヒモをリーシュプラグに通す

次に、ヒモをリーシュプラグに通していきます。

ヒモが通りにくい場合は、フィンキーなどを使用して押し込んでいきましょう。ヒモを痛めないように気をつけてください。

リーシュプラグにヒモを取り付ける

3、出ているヒモの長さを均等にする

リーシュコードをつける時、ヒモが二重になるようにする必要があります。プラグから出ているヒモの長さを、均等にしてください。

二重にする理由は2つあります。

1つ目は『強度』を上げるためです。2つ目は、『サーフボードが傷つかないようにする』ためです。

どうしてサーフボードが傷つくの?

二重にしないと、サーフボードとヒモが下の写真のように干渉してしまいます。この状態でワイプアウトすると、細いヒモがサーフボードに強い負荷を与えてしまうのです。

間違った取り付け方をすると、ヒモがサーフボードを傷つけてしまう

どうやったら防げるの?

二重にする事で、ひもがサーフボードに干渉するのを防止できます。

ヒモは二重にした状態でリーシュコードに取り付けよう

4、リーシュコードを取り付ける

以上のことができたら、リーシュコードをつなげるだけです。リーシュコード・ベルクロ部分の砂やゴミを、しっかりと落としてから取り付けましょう。

ほかに確認することは?

リーシュコードを付けたら、ヒモがサーフボードと干渉していないか確認してください。

リーシュとヒモを正しく結んで安全にサーフィン

ヒモとリーシュをつける時の注意点

  • サーフボードとヒモが干渉しないようにする
  • ほつれていたらすぐに交換する
  • 定期的に交換する 

ヒモを使いたくない人にオススメ!リューシュロックとは?

ヒモを使いたくない方は、『リーシュロック』というアイテムがあります。

つなぎ目が縫い合わされているのが、リーシュロックの特徴です。縫い合わされた輪になっているため、強度が高いです。

リーシュロックは非常に頑丈なヒモ

幅が広くナイロン製なので、波のサイズが上がっても安心してサーフィンを楽しむことができamす。

三百円ほどでサーフショップ等で購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。詳しくはこちらの記事が参考になります。

【参考元外部サイト】リーシュロックを使ってサーフボードとリーシュを繋ぐ

まとめ

安全にサーフィンを楽しむために、サーフボードとリューシュを正しくつなげましょう。

自分自身、サーフィン中にヒモが切れてしまったことがあります。

その時は、泳いで取りに行けたので大事にはなりませんでしたが、入水前に確認をすれば防げた事故でした。

波のサイズが大きくなると、ヒモが切れる危険性も上がります。

必ず入水する前に、ヒモの状態を確認しましょう。サーフボードを長期保管していた場合などは、特に注意が必要です。

ヒモとリーシュの状態を常に確認して、安全にサーフィンを楽しみましょう。

 




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。