サーフィンをするのに最適な時間が早朝である理由【早起きは三文の徳】

サーファーが早起きする一番の理由は、『良質な波に乗れる確率が高いから』です。 『朝の風が波のコンディションを整 […]

サーファーが早起きする一番の理由は、『良質な波に乗れる確率が高いから』です。

『朝の風が波のコンディションを整えてくれること』が、サーファーが早朝に行動を始める最大の理由です。

簡単に説明すると?

朝は風が弱く穏やかで、波の面を綺麗に整えてくれます。そのような波でサーフィンをするのが目的で、サーファーは早起きをするのです。

今回の記事は、『サーフィンをするのに最適な時間が早朝である理由』についてです。

朝早く起きることで、その日の最高の波でサーフィンができる

朝の風がいい波のコンディションを作るから

通称『面ツル』と呼ばれる波は、サーファーの大好物です。面ツルの波に必要な条件は、以下の通りです。

  • 陸から海に向かって風が吹く
  • 風は微風が望ましい

これらの条件を作り出してくれる確率が高いのが、『朝』です。

朝の穏やかな風は、波を崩さずサーフィンをするための最適な波に整えてくれます。

朝を過ぎると風はどうなるの?

日が昇り陸地の気温が上がり始めると、海から岸に向かって風が吹きはじめます。その風のことを『オンショア』と呼びます。オンショアの風が吹き始めると、波の面が崩れはじめてしまいサーフィンをするのが難しくなってしまいます。

太陽が昇ると発生する風は『シーブリーズ』とも呼ばれており、サーファーにとっては嬉しいものではありません。予測不能な風が、波の面を壊してしまうからです。

晴れているときは特に発生するのが早く、オンショアを避けるためにサーファーは日が昇る前から行動を始めます。

早起きが苦手なんだけど・・・

どんなに朝が苦手な人でも、朝一の面ツルサーフィンを経験したら、どんな早起きでも苦にならなくなります。僕の友人にも朝は全く起きれないタイプの人がいますが、いい波があるとわかっている朝だけ、とてつもない早さで起床します。

サーフィンにおいても、『早起きは三文の徳』という言葉がぴったりと当てはまるのです。苦いコーヒーを口に含んだら、サーフスポットへ向かいましょう。

サーフィンをするのに最適な時間帯が朝である理由

人が少ない

早起きする2つ目の大きな理由としてあげられるのが、『朝は他のサーファーが少なく空いている』ことです。

人が多く混んでいるサーフスポットでは、思っているようにサーフィンができずにストレスが貯まるものです。誰も行動を始めていない朝であれば、混雑の少ない中で波乗りを楽しむことができます。

サーフスポットががら空きなのも早起きサーフィンの利点の1つ

道が空いている

サーフスポットへ向かう道が空いているのも、朝早く起きる利点の1つです。サーフィンに行く道が渋滞している時ほど、焦ってしまうものです。

『波がなくなってしまう・・・』と考えて、ついつい車を飛ばしてしまうこともあるはずです。

朝早く起きるとどうなるの?

朝早く起きることで、焦らずにサーフスポットへ向かうことができるようになります。朝早く起床して、安全運転でサーフスポットへ向かうのです。

渋滞を避けてサーフスポットに到着したら、朝日が登る前にウェットスーツへ着替えましょう。そんな風にスタートした1日は、間違いなく最高のものになります。

渋滞を避けてサーフスポットに行けるのも早朝サーフィンの利点の1つ

まとめ

朝一のサーフィンを一言で表すと、『最高』という言葉がピッタリです。

朝日が昇って行く中で水面を見つめると、とても幸せな気持ちになります。キラキラとひかる水面を見つめていると、自然と『その瞬間に感謝』している自分に気がつくはずです。

変な話かもしれませんが、『ほぼ貸切で朝日の中でする面ツルサーフィン』は幸せ以外の何物でもありません。

自然と海に対して『ありがとうございます』と呟きたくなるぐらいに、幸せを感じてしまうのです。

このように書くと『変なサーファー』と言われてしまうかもしれませんが、同じような気持ちの人も多いはずです。

朝一のサーフィンは、最高です。早起きすることで幸せを味わえるサーファーの人生は、本当に最高で幸せだと思います。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。