初心者がサーフィンを一年目でやめたくなる理由



今回の記事は、一年でサーフィンをやめてしまう理由について書きました。

サーフィンは続けていけば行くほど楽しくなっていく、不思議なアクティビティです。それでも、たくさんの人がその魅力に気がつく前に、サーフボードを手放してしまいます。

それは、どうしてでしょうか?

想像と違ったから

サーフィンは、とても魅力的です。なによりも格好いいですし、夢中になっているサーファー達がキラキラして見えるのも当然のことです。

でも実際には、波に乗れるようになるまで多くの努力を必要とします。

だからこそ、簡単にできると思っていた人たちは、出鼻をくじかれて挫折してしまうのです。

どういうこと?

格好良くサーフィンできるまでは、人前で不格好な姿を晒さなければいけません。ひっくり返って鼻から海水を流し、何度も苦しい思いをして、数年経ってようやく、なんとなく格好がついてきます。

その過程は当然のことながら、『簡単』ではありません。

それに加えて、その先も山あり谷ありです。サーフィンは、理論では分かっているのにできないのが日常茶飯事だからです。

サーフィンは難しそうに見えない・・・

運動に自信があるひとなら、きっとこう思っているはずです。

  • サーフィンも簡単だろう

残念ながら、そんなことはありません。

それを知ることも、サーフィンを続けていくには必要不可欠なのです。

サーフィンの楽しさを見つける方法

混んでいる場所でサーフィンを学ぼうとするから

初心者が混んでいるところで練習をするのは、おすすめできません。

どうして?

混んでいる場所でサーフィンをするのは、全然楽しくないからです。

楽しくないサーフィンを続けたくなくなるのは、当然のことです。

2時間、波に乗れずに浮いているだけでは、サーフィンの楽しさを見出せません。パドル力がついたとしても、混んでいる場所で波に乗るのは、上級者にとっても至難の技だからです。

  • 心が癒されるし

と言いたくなる気持ちも分かりますが、それだったら海水浴だけをしてたほうが、よっぽど癒されるはずです。

じゃあどうしたらいいの?

サーフィンを続けられるのは、『ほんの少しの上達に楽しさを見出せるひとたち』だけです。

サーフィンを続けたいのであれば、『適度に空いている場所』を見つけるのがとても大切です。そうすれば、波に乗れる回数が増えて、『楽しさ』を見出しやすくなるはずです。

適度に空いている場所でサーフィンを学ぼう

目標が高すぎるから

目標が高すぎると、ほとんどのひとが途中で挫折してしまいます。

一年でやめてしまうひとの多くが、トッププロサーファーのサーフィンを想像しています。その前にクリアするべき課題があるのに、高すぎる目標と比べてしまっているのです。

そうなるとどうなる?

現実とのギャップが多すぎて、自己嫌悪に陥ってしまいます。

最初からトッププロサーファーが使うようなサーフボードを選んでも、乗りこなすことは絶対にできません。日々の目標は低く設定して、一歩ずつ階段を上っていけなければ、サーフィンは続けられないのです。

山の頂上に行きたいのに近道を探してばかりいて後戻りしていたら、一歩ずつ上に向かって歩いている人には勝てないのと同じことです。

日々の目標は低く、ゴールを高く。

そうすれば、サーフィンに行くたびに『成長と楽しさ』を見出せるはずです。

まとめ

一年目でサーフィンをやめてしまう人を、たくさん見てきました。

下手くそなりにその先にある楽しさや喜びを知っているからこそ、『あきらめずにもう少しだけ続けてみてほしい』、そう思います。

日々の波乗りの中で、ほんのすこしの上達をかみしめることができれば、サーフィンは最高です。

それを信じて、海に通い続けてみてください。どんな年齢だって、運動神経がなくたって、その壁は乗り越えられます。

そしてその先には、最高の波乗り人生が待っているはずです。