浮力のあるサーフボードでダックダイブ(ドルフィンスルー)する方法

体重のかけ方と正しいタイミングを学べば、浮力のあるサーフボードでもダックダイブはできます。 波を乗り越えるテク […]

最終更新日:2018年5月16日

体重のかけ方と正しいタイミングを学べば、浮力のあるサーフボードでもダックダイブはできます。

波を乗り越えるテクニックのひとつに、ダックダイブ(ドルフィンスルー)と呼ばれるものがあります。

ダックダイブとは、サーフボードごと水中に潜り、波を乗り越えて行くためのテクニックです。ダックダイブを行う理由は、波の衝撃をかわすためです

浮力がない方が沈みやすいし楽?

必然的に、浮力がないサーフボードほどダックダイブが楽になります。

初心者の中には、ダックダイブのために浮力の低いサーフボードを選ぶ人がいますが、その考えは間違っている可能性があります。

どうして間違っているの?

サーフボードは、『ダックダイブのため』ではなく、『サーフィンをするため』のものだからです。

サーフィンを始めたばかりであれば、浮力のあるサーフボードで練習することをお勧めします。

今回の記事では、『浮力のあるサーフボードでダックダイブする方法』について詳しく説明していきます。

ダックダイビング(ドルフィンスルー)をするタイミング

ダックダイブのタイミングは、波が自分の目の前に来た瞬間です。自分のスピードと、波が自分の目の前にくる時間を予測して動作に入ってください。

タイミングを間違えると?

正しいタイミングで潜らなければ、波の衝撃を受けることになります。

ダックダイブ に失敗すると波の衝撃を受ける

波の種類によるダックダイブの違い

波の種類ごとに、ダックダイブのやり方が変わります。

【関連記事】サーフィン初心者が陥りやすいテイクオフ上達の落とし穴

ホワイトウォーターになっている波

ホワイトウォーターは押す力が非常に強いので、できるだけ深くダックダイブするように心がけましょう。

中途半端なダックダイブだと、ホワイトウォーターの衝撃をもろに受けてしまいます。

いつもダックダイブした方がいい?

波のサイズが極端に小さい場合、ダックダイブが不要の時があります。その場合は、サーフボード上で腕立ての姿勢をとる事で衝撃をかわすことが可能です。

波に押し戻されないようにすれば、パドルアウトが楽になる

崩れていない波

崩れてない小さい波でのダックダイブは、比較的容易です。波のフェイスに対して、できるだけ下へ潜るようにします。

この時に、サーフボード自体にスピードがついていることが非常に重要です。

スピードがついていないとどうなるの?

波のサイズが大きい場合、スピードがついていないと一気に押し戻されます。

ホワイトウォーターになっていない波に対するダックダイブ

ダックダイブ(ドルフィンスルー)のやり方

1、サーフボードにスピードをつける

浮力のあるサーフボードでダックダイブするときは、サーフボード自体にスピードが付いていることが大事です。

ダックダイブを行う直前までパドリングを行い、スピードをつけるようにしましょう。

2、腕を立てサーフボードを沈める

波が来るタイミングを見計らって、腕を立てサーフボードの先端を沈めます。体重全体を前腕に乗せてください。

全体重をかけてサーフボード前方(ノーズ部)を沈める事で、テールも容易に沈めることが可能になります。

3、つま先と膝を使ってサーフボードを沈める

サーフボードの前方が沈んだら、反動を利用してテール部分を沈めます。

体重をかけて、できるだけ深いところまで沈めてください。

4、体をサーフボードに引きつける

サーフボード全体を沈めたら、サーファーも一緒に潜る必要があります。サーフボードに体を引きつけるようにして潜るのがコツです。

5、浮かび上がる

浮かび上がったら、素早くパドルを再開しましょう。波が過ぎた後も、岸方向へ向かう力は発生しています。ダックダイブ後に、できる限り素早くパドリングを始める事で、岸へ引き戻されるのを防ぐことが出来ます。

まとめ

ダックダイブが上手くできるようになれば、パドルアウトが簡単にできるようになります。

うまくできなくても、どうか自分を責めないでください。最初から上手にダックダイブできる人はいません。

何回も繰り返しているうちに、ダックダイブは必ずできるようになります。あせらずに海に通い続けましょう。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。