サーフボードペイントのやり方と消し方【ポスカ・スプレー】

サーフボードのデザイン、変えたいと思ったことありませんか? 実は意外と簡単にできてしまうんです。 今回の記事で […]

最終更新日:2018年8月19日

サーフボードのデザイン、変えたいと思ったことありませんか?

実は意外と簡単にできてしまうんです。

今回の記事では、『サーフボードペイントのやり方』と『サーフボードペイントの消し方』をお送りします。

 

サーフボードをペイントする前に確認

サーフボードの卵一個分の重さの違いで、パフォーマンスに差が出てしまうサーファーには、ペイントをお勧めできません。

どうして重さが変わるとダメなの?

サーフボードは軽ければいいわけではありませんが、サーフボードに塗装を施すと重量が変化してしまいます。重さの違いで、サーフボードの乗り味も変わってしまうことがあります。

サーフボードペイントに必要なもの

  • 耐水ペーパー(サンドペーパー)
  • ポスカ
  • 塗料スプレー
  • クリア(ウレタンクリア、あるいはエナメルクリア)
  • マスキングテープ

サーフボードのペイント手順

油分を拭き取る

油分を拭き取るのは非常に重要です。少しでも油脂が残っていると、塗装が時間の経過と共に剥がれてきてしまいます。

脱脂剤を使用して、油分を除去しましょう。

【amazonで調べる】SOFT99 シリコンオフ 脱脂剤

サンドペーパーで優しくこする(足付け)

サーフボードの表面はツルツルです。そのままペイントしても剥がれて来ます。サーフボードの表面に軽くやすりをかけて、表面を少しだけザラザラにしてあげます。

軽くヤスリをかけると、どんな効果があるの?

そうすることで、塗料がサーフボードにしっかりと食いつきます。

ペイントの前の下処理が『サーフボードペイント』を成功させる秘訣

ペイントする

ポスカを使用する場合

市販されているポスカで、サーフボードにペイントを施しましょう。アイディアがまとまったら、サーフボードに鉛筆で下書きをします。

下書きに納得がいったら、いよいよペイント開始です。時間をかけて慎重に行いましょう。

【amazonで調べる】ポスカ 細字 丸芯 7色 サーフボードペイントにオススメ

缶スプレーの場合

缶スプレーの塗料の種類ですが、ウレタン塗料でもアクリル塗料でも問題ありません。

ただし、ウレタン塗料を使用すると消すのが大変なので、自信がない方は『アクリル塗料』の使用をおすすめします。

塗装のコツはないの?

サーフボードに近づけすぎると、ムラができてしまいます。30cmほど離して塗装するのがコツです。

クリアーを塗布する

塗装面が完全に乾いたら、クリアを塗ります。

どの種類のクリアがいいの?

ウレタンクリアコート、あるいはエナメルクリアーを使用して仕上げます。

耐久性で言えばウレタンクリアコートですが、将来的にペイントを消したい場合はエナメルクリアーでの仕上げがおすすめです。

塗装面が完全に乾いたら、クリアーを塗ります。

【amazonで調べる】Holts(ホルツ) ウレタンコートクリアスプレー サーフボードペイントの仕上げに

塗装が取れないようにするには?

クリアコートだけでも、仕上がりは綺麗です。ただし、それだけでは、砂などに強く擦れてしまうと塗装が剥がれて来てしまいます(ウレタンカラーペイントだとそう簡単には剥がれません)。

プロ並みに仕上げたい方は、塗装の上にプラスチック樹脂(レジン)をコーティングしましょう(サーフボードの重量は増えます)。

消すことができなくなるので気をつけてください。また、綺麗にコーティングするのは技術が必要です。

【関連記事】【サーフボードを作るための基礎知識】各種素材とレジンについて

サーフボードのポスカやペイントを消す方法

アセトン』と呼ばれる溶剤を使用すれば、ポスカやアクリル塗料でのペイントを剥がすことができます。

数週間して、『サーフボードのペイントを消したい』と思った場合は、ホームセンターでアセトンを買って来ましょう。

アセトンは、すでに固まっている樹脂(サーフボードをおおっている殻)には影響を与えません。自分でペイントした部分だけを落とすことができます。

簡単に消せるの?

消したい部分にアセトンをかけてこすると取れてきます。必ず換気のいい所で行うようにしてください。

【amazonで調べる】【純アセトン1L】 塗料リムーバー(サーフボードのDIYペイント除去にも)

注)アセトンは、エポキシ樹脂のサーフボードには使用できません。

注)アセトンは危険な薬品です。取り扱いには十分気をつけてください。

フィンにもペイントできる

ペイントできるのはサーフボードだけではありません。

『フィン』にだってペイントできます。

サーフボードペイントに挑戦する前の練習用としてどうでしょうか?

まとめ

サーフボードペイントに絶対に必要なもの、それは『センスと絵心』です。

絵が上手い友達を探して、サーフボードにペイントしてもらうのも一つの方法です。世界にひとつだけのサーフボードになるので、愛着が湧くこと間違いないでしょう。

DECANT(デキャント) ワックスリムーバー 無臭 300ml

サーフィン塗装前のワックス落としにおすすめ




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。