ボディサーフィンのススメ【やり方と魅力を紹介】

サーフボードでサーフィンをしていると、壁にぶつかることがあります。そのような状況の時に、原点に戻してくれる遊びがあります。

それが、ボディーサーフィンです。

それってどんな波乗り?

使うのは、自分の体が基本。そのほかの道具は、足ヒレやハンドプレーン(手につける小さい板)だけ。

ボディーサーフィンは、長いサーフボードとは縁がない『純粋に波に乗る遊び』なのです。

ボディーサーフィンの魅力

サーフボードを使って波に乗っていて、『波乗りの原点』を忘れてしまうことはありませんか?

思っているようにラインどりができなかったり。やろうとしている技にばかり囚われしてしまったり。

思っているように波に乗れなくて悩んでいる・・・

ボディーサーフィンをすると、そんな悩みはどこかに吹き飛んでしまうはずです。

その理由は簡単で、ボディーサーフィンをすると『波に乗るという単純明快な遊び』に、集中できるようになるからです。

ボディサーフィンをして初心に帰ろう

ボディーサーフィンで何を学べる?

サーフィンは、『遊び』です。それこそが、波乗りの原点だったはずです。

プロという職業も存在していますが、大多数の人は『ただ波を使って遊んでいる』だけなはずです。

その原点を忘れて、頭を抱えてサーフィンの上達に悩んだりしていませんか?眉間にシワを寄せて、波待ちしていませんか?だれかに波をとられて、イライラしていませんか?

自分にも、そんなふうになってしまう時があります。

そんなときは、ただ単純に体だけを使って波に乗りましょう。

なんのために?

ボディーサーフィンは必ず、あなたに波に乗ることの楽しさをもう一度思い出させてくれます。

自分の体だけを使って波乗りに明け暮れたら、『今までとは違う視点で波を見ること』ができます。

しばらくボディーサーフィンをしたあとに再びサーフボードを手にしたら、全く新しい波乗りの世界が広がっていくはずです。

ボディーサーフィンの道具

ボディーサーフィンの道具は、シンプルです。

波を滑走するのに一番必要なのは、『自分の体』です。サーフボードではありません。

そのほかにあったら便利なのが、こちらの二つです。

  • フィン(足ヒレ)
  • ハンドプレーン

フィン(足ヒレ)の力を借りることで、テイクオフが簡単になります。

足ひれをつけることでよりボディサーフィンを楽しめる

ほかに必要な道具は?

その他にあったら便利なのが、『ハンドプレーン』と呼ばれる手に取り付ける板です。

ハンドプレーンなしではダメなの?

難易度は上がりますが、ハンドプレーンを使わずにボディーサーフィンを行うこともできます。

もしもさらなる疾走感をボディーサーフィンに求めるのであれば、『ハンドプレーン』がその手助けをしてくれるはずです。

ボディーサーフィンのやり方

ボディーサーフィンのやり方は至ってシンプルです。

テイクオフをして、波のパワーゾーンに自分の体を常にキープしていくだけです。

と言うのは簡単ですが、ボディサーフィンは実際にやってみるととても難しいです。そもそも、思ったように全然波に乗れません。

どうして?

サーフボードがあれば、多少クリティカルなエリアからテイクオフの位置がずれても、なんとかなります。ボディーサーフィンは、通常のサーフィンのテイクオフのような、ショルダーからのテイクオフはほぼ不可能です。

ボディーサーフィンの場合は、常に波の『パワースポット』にいる必要があるのです。

どうやったらテイクオフができる?

波がしっかりと掘れている、パワーゾーンでのテイクオフが必要になります。そうしなければすぐに失速してしまい、沈んでしまうからです。

最初はフィンとハンドプレーンの力を借りて、『ボディーサーフィンのコツ』をゆっくりと習得していくのがいいのかもしれません。

ボディサーフィンの魅力とやり方を紹介

まとめ

自分はいま少しづつ、ボディーサーフィンの魅力に気がつき始めています。体だけで波に乗れば、純粋な波乗りの楽しさに夢中になれるからです。

上達に伸び悩んだときはサーフボードを使わずに、『波だけ』を見つめるのもいいのかもしれません。そうすれば、今まで知らなかった『波の一面』を垣間見ることができるはずです。

You may also like