パドリング中に足は開く?閉じる?【サーフィンの基本・パドル中のバランスを取る方法】

パドリング中は基本的に、足を閉じます。バランスを取るために状況に応じて開くことはありますが、多くても20cmほ […]

パドリング中は基本的に、足を閉じます。バランスを取るために状況に応じて開くことはありますが、多くても20cmほどです。

バランスが整ったら、再び足を閉じてパドリングを再開するのが基本です。

初心者の段階では、足を閉じてパドリングをすることが非常に難しいはずです。サーフボードの上でバランスをとるのに慣れていないため、自然と足が開けてきてしまうのです。

よく見かけるのは、肩幅ほど足を開いてパドリングをしている初心者です。ある程度バランスが取れるようになったら、足を閉じるように意識してみましょう。

足を閉じることで、より速いパドリングができるようになります。またパドル自体のスピードが速くなることで、足を閉じていても安定するようになっていきます。

パドルするスピードが速くなればパドリングは必ず安定する

パドリング中の水の抵抗を減らすために足を閉じる

水の抵抗が増えると、パドリングの速度が遅くなります。足を開きすぎるとサーフボードの範囲からつま先がはみ出してしまい、抵抗を発生させてしまいます。

解決策は?

両足がサーフボードの上に収まるようにすることで、水の抵抗を減らすことができます。ショートボードの場合でも、足を閉じていた方がパドリングが速くなります。

パドル中にバランスを取る方法

パドル中にバランスを取る一番の方法は、『速い速度』でパドリングを行うことです。

スピードが上がれば横へのブレが減り、安定したパドルが可能になります。足を閉じることで、ブレをさらに減らすことができます。

足を開くとダメな理由は?

足を開いた状態で力強くパドリングをすると、反動で左右にブレます。

その理由は左右に大きく足を開くことで、パドル毎に反動が発生してしまうからです。足を開くと停止している状態では安定しますが、パドリング中はその逆で不安定になります。

パドルの力を推進力へ効率よく変えるためには、足を閉じてパドリングをする必要があります。

また、パドリングを安定させるためには一定の速度が必要不可欠です。推進力が増えれば横へのブレが減り、足を広げる必要がなくなります。

慣れるまではなかなか難しいと思いますが、回数をこなしているうちに確実にバランスが取れるようになってくるので、繰り返し挑戦してみてください。

パドリング中にバランスを取る一番簡単な方法

サーフボードと体の位置を調整したいときに足を使う

ダックダイブの後など、サーフボードに対して体の位置がずれてしまうことがあります。

そういうときに一度足を開き、太ももを使ってサーフボードと体の位置を調整できます。パドリングを継続しながら体の位置を調整できるため、ゲッティングアウトが効率良く行えます。

体の位置がずれたと感じたら、足で微調整を行って見てください。

足を一時的に開いてサーフボードの位置を調整できる

まとめ

サーフボードの上でバランスを取るコツは、海に通い続けるうちに身についてくるのものです。それまでは何回も、サーフボードごとひっくり返ることになります。

それでも負けずに繰り返し海に通うことで、確実に一歩ずつ上達していきます。人に笑われているような気持ちになったり、恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

そんな時は、一年後のできている自分を想像してみましょう。笑っていた人を見返すつもりで、努力を続けてください。

安定したパドリングができるようになれば、ゲットアウトが楽になります。速度が速いパドリングを習得すれば、サーフィンは一気に上達します。

足を閉じてパドリングを行うのは、それを実現するための第一歩です。

諦めずに、海に通い続けましょう。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。