【サーフトリップガイド】家族連れにオススメの旅行先はどこ?

『子供と一緒にサーフトリップ』にオススメな国は、『ニュージーランド』です。 小さいお子さんがいると、海外へのサ […]

最終更新日:2018年5月13日

『子供と一緒にサーフトリップ』にオススメな国は、『ニュージーランド』です。

小さいお子さんがいると、海外へのサーフトリップは難しいです。でも諦めないで、子供を連れてサーフトリップに行くべきだと思います。3歳を過ぎれば、免疫(メンエキ)も強くなってきているはずです。

また、海外での生活は子供にとっても、いい刺激になります。

子供とサーフトリップへ

子供を連れて海外でサーフィン

みなさん、普段はサーフィンを我慢して、子育てを頑張っているはずです。だからこそ、息抜きが必要なんです。

本当に息抜きしてもいいの?

『サーフィン』は、僕たちにとって空気みたいなものです。なかったら窒息してしまいます。サーフィン(深呼吸)して、笑顔になっている両親を見たら、子供だって『嬉しい気持ち』になるはずです。

『でもどの国に行けばいいの?』

バリや、スリランカには行きたいけど衛生面が少し不安です。友達同士であれば、お腹を壊しても笑い話で済みます。高熱が出たって、ちょっとやそっとのことでは、大事には至りません。

でも、小さい子供の場合は話が違います。

治安が良くて、衛生面も安心。緊急時の医療施設も整っている場所はどこでしょうか?

ハワイやオーストラリアもオススメですが、サーフスポットは混雑しています。

『もう少し入ってたいんだけど、子供が心配』と、上がってきてしまうのが、親心です。波に乗れなかったら、ストレスが溜まってしまいます。

サーフィンができる時間が限られているので、『空いているサーフスポット』が必要です。

【関連記事】初めての海外サーフトリップはニュージーランドがオススメ

家族で訪れたいサーフスポット

なぜニュージーランドがオススメなのか?

1、空いているサーフスポットが多い

ラグランは少し混んでますが、そのほかのサーフスポットは空いています。『波に乗れなかった』ということは、なかなか起こりません。

2、医療施設が整っている

緊急時の医療施設も整っています。

3、子供が遊べる公園や木陰がたくさんある

ニュージーランドは、公園だらけです。子供が遊ぶ場所は、そこら中にあります。

日差しが強いので、木陰(こかげ)を見つけてときどき休ませましょう。

4、様々なサーフスポットへアクセスが容易

ニュージーランドの国土は、狭いです。東海岸に波がなくても、西海岸まで車で2時間から3時間です。波をきっと見つけられるはずです。

5、子供も過ごしやすい温度

気温の急激な変化は、子供の体調を崩す原因になります。ニュージーランドは真夏でも、28度前後です。また嫌な暑さではないので、子供にとって悪い環境ではありません。

注意点)ニュージーランドの紫外線は非常に強いので、子供用の日焼け止め、帽子は必須です。

『家族で滞在する』のにオススメの宿泊施設【ラグラン】

ニュージーランドの主要サーフスポット『ラグラン』。子供との滞在を楽しむために、必要な情報を記載しておきます。

Our beach house

ホテルではなく、一軒家を丸ごと借りることができる『ホリデーホーム』です。価格は高めです。

利点としては、プライバシー性が非常に高いことです。一度、『ホリデーホーム』を借りたことがあるのですが、何よりもリラックスできます。

調理を自分で行う人にもすごくいいと思います。

http://www.ourbeachhouse.co.nz

Raglan Kopua Holiday Park

ラグランにあるホリデーパークです。僕がラグランに滞在するときは、いつもここで車中泊します。共同の調理施設もあり、料理をすることも可能です。シャワー場も非常に綺麗です。

家族での滞在の場合は、『ユニット』を借りることをお勧めします。

http://www.raglanholidaypark.co.nz

ラグランのお勧め滞在先【サーフィン用】

Solscape

15周年を迎えた、ラグランにある宿泊施設です。家族用の『コテージ』もあります。

個人的に気になっている宿泊施設です。次回ラグランに行く際に使用してみたいと思います。

http://www.solscape.co.nz/book/

キャンピングカーを借りて『家族でサーフトリップ』

長期のサーフトリップであれば、オークランド空港でキャンピングカーを借りるのも一つです。
オススメのキャンピングカーレンタルの会社はこちらです。

https://www.jucy.co.nz/our-vehicles/camper-vans/jucy-cabana/

以前、友人がニュージーランドに来た際はこキャンピングカーを利用していました。車種にもよりますが、車中泊可能なバンが35ドル/日から借りれます。

キャンピングカーを借りてラグランでサーフィン

ニュージーランドの医療施設【サーフィン中の怪我や子供の急な発熱など】

サーフトリップ中にひどい怪我をしたり、子供の急な発熱など、予測不能な事態に対応するための医療施設情報です。

ラグラン

West coast health clinic

ハミルトン(ラグランから車で45分ほど)

Waikato District Health Board

オークランド(ラグランから車で2時間ほど)

Auckland District Health Board

医療通訳

海外で、病院に行くときに不安なのが、『英語』です。オークランドのみですが、『医療通訳』をしてくれるサービスがあります。緊急時にはまず電話をしましょう。

http://www.eastwind.co.nz/medicare/

まとめ《子供と一緒に海外にサーフトリップ》

子育てに仕事、いつも忙しく頑張っているからこそ、親だってご褒美をもらうべきだと思います。

大好きなサーフィンをしに『子供を連れてサーフトリップ』。きっと、『いい波』がきます。

楽しいサーフトリップになれば、何よりですね。

新版 社員をサーフィンに行かせよう―――パタゴニア経営のすべて

  • イヴォン・シュイナード
  • Publisher: ダイヤモンド社
  • Edition no. 0 (06/15/2017)
  • 単行本(ソフトカバー): 416 pages




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。