『正しいパドリングの姿勢』を理解すればテイクオフは必ずできる

浮力があるサーフボードを使っているのにテイクオフができないひとは、下のイラストをご覧ください。 テイクオフがで […]

最終更新日:2018年5月15日

浮力があるサーフボードを使っているのにテイクオフができないひとは、下のイラストをご覧ください。

テイクオフができないサーフィンの初心者は、このような体制でパドリングしている人がほとんどです。

テイクオフをする際、重心が後ろにあるため、波においていかれてしまうのです。

初心者によくあるパドリングの間違った姿勢

テイクオフの成功において大事なのは、『正しい姿勢でのパドリング』を身につけることです

どうして正しい姿勢でパドリングをする必要があるの?

体の重心が後ろ方向にあると、どんなにパドルしてもテイクオフがうまくできません。

テイクオフをする時に、絶対に忘れてはいけないことが一つあります。

それは、『テイクオフは波が作った斜面を降りていく動作』だということです。

それをふまえて、テイクオフについて考えてみてください。最初のイラストのような重心の位置では、ボードの先端が斜面方向へ傾いていくことはありえません。

サーフボードのノーズが斜面を降りていかないとダメ・・・

『サーフボードを水面に対して平行に保つこと』が、テイクオフとパドリングのコツです。斜面を下っていくためには、『サーフボードを斜面に対して平行に持っていく』必要があるのです。

正しいパドリングの姿勢とは

テイクオフの時は、後ろに重心があるよりも前のめりになっていた方が成功しやすいです。

最初のうちはどうしても、恐怖感のせいで後ろ側に体重をかけてしまう初心者が多いです。数センチ前側に移動するだけで、テイクオフの成功率は一気に上がります。

ほかにもコツはあるの?

大事なのは、サーフボードの重心の位置を理解することです。そうすることで、自分がどの位置でパドルをしているかわかります。ボードの先端が斜面に対して下りて行きやすいように、体の重心を前にずらさなければならないのです。

サーフボードの重心を見つける方法については、後ほど解説します。

前のめりになってワイプアウトしてしまう場合

前のめりでノーズが刺さってしまいワイプアウトしてしまう人は、パドルをしながら早めに体を起こしてみてください。

そうすることでどうなる?

早めに身体の上半身を起こすことで、重心はサーフボード後方へ移動します。それによりノーズからのワイプアウトを避けることができます。

テイクオフで成功するためには目線のリードが重要

【関連記事】【サーフィン上達】テイクオフ時にノーズが刺さらないようにするコツ

『サーフボードの重心』を確認する方法

サーフボードの重心を確認する方法を、紹介します。下のイラストのように、サーフボードのレールを掴んでみてください。左右対称でバランスが取れたところが、『サーフボードの重心』になります

どうやって自分の体を重心に合わせるの?

パドルをする際は、『サーフボードの重心』に『自分のへそ』がくるようにします。体の起こし具合で重心はわずかに前後しますが、サーフボードの重心の位置を覚えておきましょう。

サーフボードの重心を探してみよう

まとめ

浮力があるサーフボードを使っていても、重心が後ろ方向にあると波においていかれます。浮力があるサーフボードなのにテイクオフができない場合は、『パドル力』が問題なのではありません。

大事なのは、『正しい姿勢でのパドリング』です

体を前側に、少しだけずらしてみてください。最初のうちは恐怖感があるかもしれませんが、すぐに慣れてきます。

『パドル力』は非常に重要ですが、全てではありません。筋力がなくても、テイクオフは必ずできます。

諦めずに海に通いつづけましょう。

絶対にできます。

Cat Hand(キャット ハンド)パドル グローブ (ブルー, M)

どうしてもパドル力をつけたい方にオススメのアイテムはこちら




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。