春にサーフィンを始める人にオススメのウェットスーツは?

日本はもうすぐ春です。 今年からサーフィンを始めたいと、気合いの入っている方も多いのではないでしょうか。 春か […]

最終更新日:2018年5月16日

日本はもうすぐ春です。

今年からサーフィンを始めたいと、気合いの入っている方も多いのではないでしょうか。

春からサーフィンを始める人が最も気をつけなければいけないことは、『正しいウェットスーツを選ぶこと』です。間違ったウェットスーツを選ぶと、低体温症などの恐れもあります。

だいぶ暖かいけど?

水温と外気温の上昇には、常に時間差があります。

暖かくなり、ぽかぽかしていても『海水温』の上昇が始まるのはまだ先です。海水温のチェックを怠らず、適切な防寒対策を行う必要があります。

春サーフィンは防寒対策が必要

春にオススメのウェットスーツは2mm以上のフルスーツ

春先からサーフィンを始める人にオススメのウェットスーツは、スプリングスーツではありません。

どのウェットスーツが正解なの?

海水温が冷たい春先に使用するべきウェットスーツは、腕と足も保温してくれる『フルスーツ』です。各地域の海水温にもよりますが、最低でも2/3mm以上のフルスーツを使用するべきです。

スプリングスーツと呼ばれるウェットスーツがありますが、春用と勘違いしないようにしましょう。水温の上昇が始まった初夏から、スプリングスーツが使用できます。

ウェットスーツを間違えるとどうなるの?

間違ったウェットスーツで、長時間サーフィンをすることは『低体温症』を招く危険があります。必ず水温に適したウェットスーツを選びましょう。

自分の入るポイントの水温を調べ、使用するウェットスーツと合致しているか確認するようにしましょう。

春先にも使えるパタゴニアのウェットスーツ

海水温が冷たい春先にオススメのフルスーツ型のウェットスーツ

海水温別のオススメのウェットスーツの選び方は、以下の表を参考にしてください。

海水温(℃) 備考 適切なウェットスーツの厚み ブーツとフード
18℃ー22℃  スプリングのウェットスーツでも可だが2mm以上のフルスーツが理想  2mm〜3/2mm 不要
15℃ー18℃  4/3mmが理想的。3/2mmでも可だが外気温によっては寒い  4/3mm 不要
12℃ー15℃  ブーツが必要になる水温。5/3mmが理想  5/3mmか4/3mm ブーツ要
8℃ー12℃  ブーツとフードの着用が必要、ハンドグローブもあれば理想  5/3mmか5/4/3mm 両方
8℃以下  ブーツやフードも厚み5mm以上が必要。  6/5/4mm 両方

 

4月の海水温目安

春先の各地域別の海水温の目安は以下のようになります。(気象庁参考 http://www.jma.go.jp/jma/index.html)

地域名 海水温目安
宮崎  18℃〜21℃
千葉  14℃〜16℃
北海道  5℃以下

 

まとめ

初心者の春サーフィンの一番のメリットは、サーフスポットが空いていることです。

春はまだ水温が冷たく初心者が少ないので、空いているサーフスポットを見つけることができます。サーフィンを始めたばかりの人が、すぐに上達するための大きなチャンスです。

夏からサーフィンを始めると、海水浴客や初心者サーファーに混じって練習をしなければならなくなってしまいます。そうすると、波に乗れずに終わってしまうかもしれません。

ぜひこの春にサーフィンを始めてください。

初心者サーファーでビーチが埋め尽くされる前に、基本的な練習をこなしましょう。

それだけで、夏までに大きな差をつけることができるはずです。

正しいウェットスーツを着用して、春サーフィンを楽しんでください。

Billabong 3 / 2 Furnace carbon-x chest-zip Full Wetsuit – Men ‘s

  • 材質: [胸と背面パネル]遙ax1 Superflexネオプレン裏地]炉炭素,メッシュ
  • 水温: 56 – 64 F
  • 厚み: 3 / 2 mm
  • フード:なし
  • ジップ: drymax胸




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。