イメトレでサーフィンが上達する理由とその秘訣

最終更新日:2019年1月13日イメージトレーニングを欠かさず行えば、確実にサーフィンの上達を速めることができ […]

最終更新日:2019年1月13日

イメージトレーニングを欠かさず行えば、確実にサーフィンの上達を速めることができます。毎日波に乗るのが難しいからこそ、普段から波に乗っている自分をイメージすることがとても大事なのです。

どんなジャンルのスポーツにおいても、イメージトレーニングの効果は立証されています。

イメトレの効果についてはこちらの記事を参考になります。

【参考になる記事】成功したいならイメージ力を磨け! ほんとうに効果のあるイメージトレーニング4つのポイント

なぜイメトレが大事なの?

サーフィンがなかなか上達しない一番の理由は、『反復練習』をするのが難しいからだと言われています。

サーフィンは、波がなければできません。波があっても、波に乗れなければ練習になりません。

毎週サーフィンしていたらどうなの?

週1回のペースでサーフィンをしても、三時間のセッションで五本しか乗れなければ、1年間で乗れた波はわずかに260本ほどです。

一本一本の間に時間があればあるほど、失敗した経験を次に活かすのが難しくなります。そしてそのタイムラグが、上達を阻む壁になります。

その点がバスケットボールやサッカーなどのスポーツとは大きく違うところです。だからこそ、サーフィンにおいてイメージトレーニングはとても大事なのです。

サーフィンにおけるイメージトレーニングの効果について

サーフィンにおけるイメトレのコツ

まずは自分のなりたいサーファーのビデオを繰り返して見る

第三者としてでは見るのではなく、真似をしたいサーファーの目線の先に何があるか明確にイメージするのが大切です。

波に乗っている本人になったつもりで、体の動きや目線の動きを細部までイメージしてみましょう。

アクションカメラを口にくわえて撮影した動画は、イメトレにとてもおすすめできます。

例えばどんな動画がオススメ?

英語で、『GoPro mouth mount』とYouTubeで検索すると、サーファー目線の動画がたくさん出てきます。例えばこちらのような動画です。

動画を繰り返し観て、サーフィンの上級者たちの目線と首の動きを頭に叩き込んでください。

次回のサーフセッションに、必ず役立ちます。

目を閉じて、自分がサーフィンをしているところを想像する

動画を繰り返し観て頭に動作をインプットできたら、目を閉じてイメージトレーニングを行ってみてください。

自分自身は寝る前に、いつもイメージトレーニングをするようにしています。まだまだ実践に活かせているレベルとは言えませんが、繰り返し行なっています。

そのまま寝て、夢の中でもサーフィンをするぐらいのつもりで、細部までイメージしてみましょう。

毎日イメージトレーニングを行う

慣れてきたら、イメージトレーニングを習慣化することが大事です。一息つけたときに、頭の中でサーフィンをしましょう。波をチェックしているときも、その波に自分が乗っていることを想像してみてください。

どんな時にできる?

ストレッチをしているときでも、電車に乗っているときでも、どんなときでもサーフィンはできます。

イメトレができればサーフィンはいつでもできる

まとめ

サーフィンができない日が続くと、むしゃむしゃしてくるものです。そんな時はお気に入りのサーフィンビデオを見て、イメージトレーニングを行うのをお勧めします。

海に入る直前でも、イメージトレーニングは有効です。

その場では効果を感じることはないかもしれませんが、繰り返せば着実に効果が出てくるはずです。

サーフィンには、サーフスケートを使ったトレーニングも有効です。頭の中で反復練習を繰り返し、サーフスケートで体の動かし方を実践すれば、効果は高まるはずです。

気になる方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

【スポーツ トレーニングの基礎を学ぶのにオススメの本】




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。