ヒッカドゥワ・ナリガマビーチのサーフスポット情報詳細【スリランカ】

ヒッカドゥアに滞在したら、一度は訪れたいのがナリガマビーチです。リーフブレイクで、条件がいいとAフレームのいい波が割れます。

ヒッカドゥアのメインストリートに隣接するナリガマビーチ

ナリガマビーチは、ホテルやホステルが立ち並ぶ道沿いにあるサーフスポットです。たくさんのサーファーがビーチ沿いで滞在しているため、時間帯によっては混むことがあります。

スリランカのヒッカドゥアはリゾート地として発展を続けており、シーズン中は混雑が予想されます。残念ながらサンゴ礁は死んでしまっていますが、シュノーケリングを楽しむことも十分に可能です。

ナリガマビーチと滞在先ホテルの距離が近ければ、朝起きてすぐにサーフィンができます。

スリランカの海水温は年間を通じて27度前後なので、ボードショーツで海に入ることが可能です。

ナリガマビーチの詳細

ベストコンディションの条件

  • 北東風
  • 北風、東風

スウェルの方角

  • 南西波

ナリガマビーチ注意点

  • クラゲが出ることがある

滞在中に、クラゲの大群に遭遇しました。何人か海から上がりましたが、ほとんどの人がサーフィンを続けていました。命の危険がある種類のクラゲではありませんでしたが、気をつける必要があります。

心配な方はクラゲローションを持参しましょう。

クラゲに対しての対策はこちらの記事を参考にしてください。

【関連記事】サーフィン中に青い色の電気クラゲに刺された!応急処置のやり方とクラゲ対策

注)こちらの過去記事は、カツオノエボシと呼ばれる毒性の強いクラゲについてです。スリランカで遭遇したクラゲとは異なりますが、対策等の参考にしていただけたら幸いです。

 

 

  • リーフ

スリランカはリーフブレイクが多いため、怪我に気をつけましょう。ワイプアウトしたら、頭を守るのが先決です。自分の実力以上の波がブレイクしていたら、海に入らないのも勇気です。

入水前に、サーフポイントについての事前情報を得ることも大事です。

スリランカ・ヒッカドゥアのサーフスポット詳細

  • 押し売り

バリと同様に、スリランカでもビーチ沿いで物を売っている人達がいます。大抵の場合は興味がない態度を示すと去っていきますが、中にはしつこく売ろうとしてくる人がいます。

その場合は、買う意思がないことを示し続けましょう。その場に留まらず、歩き続けることも効果的です。相手が諦めるまで、断固とした態度を示すのが大事です。

 

人混みを避けたいなら朝一がおすすめ

どこのサーフスポットでもそうですが、混雑すると言い合いを始める人達が多くなります。自分自身が滞在している時も、何度か揉め事に遭遇しました。

その時はローカルサーファーが制してくれたので丸く収まりましたが、悪い雰囲気の中でサーフィンをするのはいいものではありません。

ルールを守り、ローカルをリスペクトしてサーフィンを楽しみたいものです。

ナリガマビーチで人混みを避けたサーフィンを楽しみたい方は、早起きがお勧めです。前日遅くまで飲んでいたサーファーは、なかなか起きてきません。薄暗い中で入水できれば、スリランカの波を思う存分楽しめるはずです。

スリランカでサーフィンをするとウミガメと遭遇できる

まとめ

ヒッカドゥアは、素晴らしいサーフスポットです。一部のビジターサーファーがルールを守らないことがあり、ポイントによっては雰囲気は良くないですがサーフィンを楽しむことは十分に可能です。

スリランカで波待ちをしていたら、ウミガメと遭遇したことがありました。そのように自然と触れ合うことができるのも、サーフトリップの大きな魅力の1つだと思います。

 

ヒッカドゥアの現地の人たちの優しさや雰囲気の良さは、最高級です。現地でたくさんの優しさや笑顔に触れ、『ここに住みたいな』と素直に思いました。

機会があれば、また訪れたいと考えています。

皆さんも是非、スリランカにサーフトリップして見てください。

スリランカの現地人は皆暖く優しい

 

 

1 review

  1. ヒッカドゥア

    素晴らしいサーフポイントです。やや混雑していますが、波には乗れます。

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。