マヒア、ポイントAでウェーブプール体験【ニュージーランド波情報】

最終更新日:2018年4月19日

ニュージーランドのトラガベイでサーフィン

ギズボーンから車で1時間ほど、ニュージーランド国道35号線を北に走らせます。

ごく普通のビーチブレイクで、サーフィンをするのにすごくオススメなわけではないのですが、歴史ある桟橋があります。

トラガベイの桟橋

トラガベイは、1967年まで貨物船の積荷を下ろすのに使われていたようです。今は地元の子供達がジャンプして海に飛び込んだり、魚釣りを楽しんでいる人たちで賑わっています。

トラガベイのビーチ、サーフィンできる?

できないことはないですが、ビーチ側の方はまったりとしたビーチブレイクで、特に特筆するほどではありません。

コンディションが非常にいいときは、川の河口にライトハンドができます。

トラガベイビーチのサンドバーはよく動くので、波の質も頻繁に変わるようです。波が大きいときは桟橋を利用してパドルアウトができるので楽だと思います。ニュージーランドでサーフィン

クックスコーブ(Cooks Cove)

クックスコーブはトラガベイの南側、崖側に位置するサーフスポットです。20分ほど牧場の中の小道を歩いていくと、入り江になっているところにたどり着きます。そこからパドルアウトしてポイントに向かいます(地図参照)。

このポイントは救助がすぐに呼べない孤立したサーフスポットなので、一人では行かないほうがいいです。必ず仲間数人で入ることをオススメします。

リーフブレイクで、波のブレイクのスピードも早く、ショートボード向きのサーフスポットです。

危険も伴うので、気をつけてサーフィンしてください。

トラガベイにはキャンプ場も併設されているので、時間に余裕があればサーフトリップの途中に寄ってみてください。

 

 

口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

記事を書いている人

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。個人の写真はインスタグラムにて掲載しております。

 

  • サーファーゼンインチキュウノビジターTシャツ ローカリズムTシャツ ¥3,600

    『ローカリズム』に疑問を投げかける、オリジナルTシャツです。

    サイズ詳細

  • グリーンルーム ¥3,600

    フロント側全面に、空中から撮影されたバレルライド中のサーファーの写真を転写しています。

    100%コットンで、着心地が良く耐久性にも優れています。

    サイズ詳細

  • ロゴTシャツ・ブラック ¥3,600

    着心地がいい上質な生地を使用したオリジナルロゴTシャツです。

    このロゴには、『輸入されたものであるサーフィン』と『日本の文化』が、いい形で融合していくよう、願いが込められています。

    サイズ詳細