ドローンで白黒のサーフィン空撮写真を撮る理由

ドローンを使用したサーフィンの空撮写真を中心にした写真集を先日発売しました。 ニュージーランドでサーフィンを撮 […]

最終更新日:2018年2月6日

ドローンを使用したサーフィンの空撮写真を中心にした写真集を先日発売しました。

ニュージーランドでサーフィンを撮り続けた僕の、初めての空撮写真作品集になります。日本のキンドルストアでも購入できるので機会があったら試し読みだけでもしていただけたら嬉しいです。

Wave: Surf Photography キンドルストアリンク

白黒の空撮写真の美しさ

僕は白黒写真が基本的に好きです。まず一つにサーフィンを写真として表現するのに適していると考えているからです。

シンプルだし、その名の通り白と黒の濃淡でサーフィンの写真を表現できます。

他の色を使うということは、その写真に求めることは色であり、サーフィンの写真であれば海の色にフォーカスしてカメラで撮影するということです。

今回、僕は色にフォーカスしたサーフィンの写真撮影をしたくありませんでした。特に海の色は写真の印象に大きな違いを与えます。

僕の使用している写真機材はマビックプロ、ドローンです。最新の一眼レフにはもちろん叶いませんが、僕の伝えたいと考えていること、サーフィンという人間の行動を十分に捉えて表現することができるカメラだと思っています。

写真の色の違いで海のイメージが変わる

まずは海の色について考えて見たいと思います。色、透明度、海の色の濃淡で印象はガラリと変わります。この二枚の写真をご覧ください。

IMAGE COURTESY OF Ishan Seefromthesky/UNSPLASH
IMAGE COURTESY OF Tim Marshall/UNSPLASH

両方とも海の空撮写真ですが、与える印象が全く違いますよね。一枚目は暖かそうな南国を思わせる海の写真。2枚目は自然の強さ、海の強さを感じることができる空撮写真です。見て不安感や恐怖を与える。それも海の持っている表情のひとつですよね。

1枚目の写真はサーフィンをしている人を撮影した写真、波待ちをしているのでしょうか、サーファーが写っている写真です。

僕がこの写真を見て最初に思ったのが、この写真が撮られた場所はどこかのあったかい海で南国なのかなと言ったものでした。

2枚目の海の写真を見て、あったかそうな海だな、南の島にサーフトリップ行きたいなって考える人はいないですよね。

では1枚目の空撮写真が白黒だったらどう言った印象を与えるのでしょうか。

Edited by Kensuke S, IMAGE COURTESY OF Ishan Seefromthesky/UNSPLASH

綺麗な空撮写真を撮りたいだけではない

1枚目のカラー写真が好きな人に質問したいのですが、この写真を見てどう思いましたか?

映し出しているものは全く同じです。海と人、サーファーと海です。

1枚目の方が好きだと感じませんか?僕は1枚目のカラー写真の方がいいと思いました。

もしも一枚目のカラーの写真は好きだけど、この白黒写真を嫌いだと思ったのであれば、見ていたものは海の色だったということです。

もちろん透明感を表現する手段としての色だったのかもしれません。そして第一にカメラマンが伝えたかったことが海の美しさ、透明感、色の美しさだったということです。

そこにたまたまサーファーがいた、印象を少し変えるためにサーファーを構図の中に入れたのではないでしょうか。

写真の色の違いで空撮写真の印象が変わる

1枚目の写真の白黒とカラーに題名をつけて見ましょう。

カラー写真に題名をつけさせてもらうとすれば、

「暖かい南の島でのんびりサーフィン」と言ったところでしょうか。

白黒の方はシンプルに「フラットな海で波を待つサーファー」。

僕が表現したいのはこの2枚目の空撮写真なんです。海と波の関係性しか想像できません。それ以外のことはわからない。今回だけに限って言えば、海と人間とサーフィンを表現するのに色は必要ないのではと感じたのです。

ただし次回作はカラーでの出版を予定しています。カラーで出版するということになるので、何を伝えたいのか、サーフフォトグラファーとして何を空撮したいのか模索しています。

テーマを決めることで、ただ色をつけだだけのサーフィン写真になるのを防ぐことができると思うので慎重に決めていきたいです。

長くなりましたが最後まで読んでくれてありがとうございました。

サーフィン写真集 WAVE Surf Photography

波と人間が調和する瞬間を捉えた、サーフフォトグラファー齊藤剣介の作品集。空撮写真で構成されており、新たな視点からサーフィンを捉えている。波を愛する人すべてに贈る、『波とサーファーの写真集』。




サイト運営者の紹介

齊藤剣介

サーフフォトグラファー齊藤剣介

1984年生まれ。2012年、ニュージーランドに移住。波乗りに明け暮れながら、サーフフォトグラファーとしても活動している。北海道出身。

サーフフォトグラファーとしての実績
2017 Unsplash awards short listed
2018 Sony world photography Awards commended

※記事内で使用されている写真の大半は、個人で撮影したものではありません。